アイドルの不祥事 ミソギの掟は?

      2013/10/19

この所、アイドルの不祥事が取り沙汰されることが多いですが、今日、とくダネ!のコーナーでアイドルの「ミソギの掟」とはというテーマで座談会が行われていました。

 

ファンはどんな事が許せずに、どんな事なら許容出来るのでしょうか。

 

新装版 不祥事 (講談社文庫)

アイドルの問題行動を「恋愛」「事故」「非行」「不倫」「暴力」「薬物」の6つに分けて、その行動を「無条件に許せる」、「条件付で許せる」、「「絶対許せない」のいずれかで答えてもらうと言うもの。

 

この質問を、AKB48のファン、モーニング娘。のファン、ジャニーズのファンにそれぞれ答えてもらうのですが、どのファンも不倫と薬物については絶対に許せないと回答、やはりこの手の不祥事は世間の風当たりも強く、ファンからも許せない問題になるようです。

 

又、恋愛問題になると、AKBとモー娘。ファンは絶対に許せないと答えたものの、ジャニーズファンは条件付で許せると回答。
ジャニーズファンは、「真剣に恋愛とか出ていると、頑張れと応援したくなる」など、どちらかといえば、恋愛問題は、男性アイドルより女性アイドルのほうが不利になると見られます。

 

例えば、恋愛の問題でアイドルたちがどのようなミソギをして来たかと言うと、AKB48の指原さんの場合は、「左遷」されるという罰が、同じくAKB48の峰岸さんの場合は「研究生に降格&丸刈り」という事で注目が集まりましたね。

 

AKBファンは恋愛は「論外」であり、「アイドルとして今生きている分けだから」と回答し、劇場でもいいので、自分たちには本当の事を説明してほしいと言う意見も。さらに休業中に何をしているのかもしっかりみているようで、休業中だと何もしていないみたいなので謹慎中にボランティア活動をしてほしいなどと言った意見が上がっていました。
ジャニーズファンは「ファンが納得する謝罪会見をしてほしい。男らしさが欲しい」と回答。モー娘。ファンは矢口の事を例に出されると「何の謝罪もなく、いきなり消えるのはつらい」とそれぞれのファンがアイドルに求める対処の仕方について語っていました。

 

最近ではアイドルと一緒に共感する信頼関係を持ったサポーターのようなファンが多くなっているだけに、それを裏切る様な事をしてしまった時、どのような償い方をするのか見ているファンも多いという事なのかもしれませんね。

 

芸能評論家、比留間正明氏は、アイドルが不祥事を起こしてしまった場合の対策をあげ、「ミソギの掟3原則」を下記の様に話していました。
1、まずはFAX
2、続いて会見を開く
3、ばれるうそをつかない

 

自分の問題になぜここまでという所はあるのかもしれませんが、ファンあってのアイドル、起こしてしまった不祥事に対しては、逃げずに起きた事実を真摯に語る態度が大切のようです。

 - エンタメ・芸能 , , , , , ,