オードリー春日 フィンスイミングで日本代表に!

   

お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰が7日に都内で会見を開き、満面の笑みでフィンを抱えながら登場すると、「この度日の丸を背負うことになりました、オードリー春日でございます。トゥース!」と気合の入ったギャグで挨拶、冗談なのかとおもいきや、これが本当だった。

 

6月にイタリア・ラヴェンナで開催される「フィンスイミングジャパンオープンマスターズ大会」の男子サーフィス50メートルの部で日本代表時選出されたという。

 

オードリー春日“ボディビルダーへの道”DVD 【Loppi・HMV・MMJ限定販売】

この「フィンスイミング」とは、足ヒレを装着して、水面や水中を進む水泳競技なのだが、春日がこの競技を始めたきっかけは、TBS系で放送された「炎の体育会TV]の企画で競技に挑んだとこだという。

 

企画に挑んだことがきっかけで代表入りしてしまうとは驚きだが、春日はアメフトで関東選抜メンバーに選ばれた経歴もあり、もともと身体能力も高いことで知られる。

 

自身の代表選出について「ひと言で言えば才能があったんでしょうね」と自画自賛、「一番いい色のメダルしか考えていない。最高でも金、最低でも金!」と強気な姿勢を見せ、メダルが獲れなかった場合は「髪の分け目を変える」「大喜利の番組に一人で出る」「入国拒否でもいい」と笑いを交えながら相当な覚悟をうかがわせた。

 

春日は、3月15日に世界大会の日本代表選考会も兼ねて開催された『第4回フィンスイミングジャパンオープンマスターズ大会』の「50メートルアプニア」(息継ぎなし)と「50メートルサーフィス」(シュノーケル使用可能)に出場し、アプニアでは好タイムを残したがスタート違反で失格になっていた。

 

本人いわく「抑えの種目だった」というサーフィスで3位に食い込んだものの、2位とわずかタイム0.73秒差でこちらも代表入りには届かなかったが、4月末に日本代表に決定していた上位者に欠員が生じ、繰り上げで日本代表に選出された。

 

代表入りを聞いたのが4月30日だったという春日は「言うなら敗者復活ですね。メダルをとらないと納得ができない。趣味とかそういうレベルじゃない」と“アスリート”らしく意気込んだものの、相方・若林正恭には日本代表決定をまだ知らせていないといい「この報道で知ることになると思う」と笑わせていた。

 

春日の日本代表への道のり、金メダルへの挑戦の詳細は9日、TBS系『炎の体育会TV』(後6:55)で放送されるという。

 - エンタメ・芸能 , , , ,