オードリー春日 フィン水泳世界大会で結果を出した!

   

お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰が6日にイタリア・ラベンナで開催されたフィンスイミングのワールドカップマスターズ大会でメダルを獲得していたことが分かった。

 

春日は同大会に日本代表の一員として参加しており、個人種目の男子50メートル・サーフィス(シュノーケル使用可能)では10位に終わっていたが、その後の団体種目「4×100メートル・サーフィスリレー」にも出場し、チームを表彰台に導いたといい、この模様は、TBS系列で放送されているスポーツバラエティ番組「炎の体育会TV」20日放送の中で明らかにされるという。

 

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

元々、春日のフィンスイミングへの挑戦を約10か月にわたって密着してきた番組のスタッフによれば、「春日さんはやり始めると絶対に手を抜かない男。こちらの要求に文句一つ言わないし、コーチが止めるまで練習を続ける。そんな春日さんのストイックさに懸けてはいました」とコメントし、メダル獲得の見込みはあったという。

 

また10位に終わった個人種目に関しても「(春日さんの)得意とするアプニア(潜水)ではなくサーフィスだったのと、現地入りが前日だったのが悔やまれる。忙しい身なのでしょうがないのですが、もう少しスケジュールに余裕があれば……。もっといい成績は残せたでしょう」と悔しさをにじませた。

 

又、同番組ではフィンスイミングと並行して、春日のボディービル挑戦もおってきたが、ボディービルと浮力(脂肪)が必要となる水泳では身体づくりの面においては必要な力が大きく異なり、例えると短距離走者にマラソンをやらせるような事だという。

 

万全にフィンスイミングにシフトした体作りではない上、仕事をしながらという中、見事に結果を出した春日、努力もさることながら、その身体能力の高さを見せつけた。

 

南海キャンデーズのしずちゃんのボクシングや、お笑い芸人の猫ひろしのマラソンなど、タレントの中にも2足のわらじを履いて活躍する人もいるが、世界に行き、かつ結果を出すのは中々大変なことだ。

 

アスリートとして世界で活躍したのちに芸能界する人はたくさんいても、芸能界で活躍しながら「世界」に行った人は少なく、芸人ではパワーリフティングのなべやかん以来の快挙になるといわれる。

 - エンタメ・芸能 ,