キャサリン妃 王女出産 入院からわずか12時間後に退院!退院時の服装は?おくるみは?

   

キャサリン妃は2日午前6時に「陣痛の初期段階」として入院し、ウィリアム王子立ち合いの下、2日午前8時34分(日本時間2日午後4時34分)、ロンドンの病院で第2子となる女児を出産した。

 

体重は8ポンド3オンス(約3714グラム)で母子ともに健康という。
母子ともに健康で、2013年7月に生まれた長男ジョージ王子もウィリアム王子に伴われて2日午後に病院を見舞いに訪れていた。

 

英国では通常のお産なら2割の産婦が出産当日に、半数以上が産後2日以内に退院するといわれているが、出産のわずか12時間後に退院するという早さには、英メディアも驚きをもって報じていたという。

 

退院の際には白いおくるみに包まれた王女を両腕に抱き、何日も前から病院前で待ちわびた大勢の人々の待つ病院外に姿を現すと、拍手と歓声が沸いた。
夫妻は詰めかけた報道陣や市民に笑顔で手を振った後、ウィリアム王子が運転する乗用車で住まいのケンジントン宮殿へ向かった。

 

Super Fine Merino Wool Christening Shawl white

ジョージ王子の出産後も、退院の際のキャサリン妃のファッションや、王子のおくるみなど話題になったが、第2子となる王女の退院の際に巻かれていた白の編み物のショールのおくるみは、英国王室御用達のG.H.hurt & sonのブランドの物で、ジョージ王子の時に巻かれていたものと一緒だという。

 

父親のウィリアム王子の母であるダイアナ妃もウェリアム王子を出産された時に使ったおくるみだといわれる。

 

又、キャサリン妃が来ていた黄色い花柄のワンピースは英国ブランドでキャサリン妃が愛用しているジェニーパッカムのもの。
ジョージ王子出産後の退院時も水玉の水色のワンピースを着用していたが、同ブランドのものだという。

 

王女の名前はまだ発表されていないが、「プリンセス・オブ・ケンブリッジ」の称号が与えられ、王女の王位継承順位は、祖父チャールズ皇太子、父ウィリアム王子、兄ジョージ王子に次ぐ4位となる。

 

命名予想の一番人気は「アリス」だというが、どんな名前が発表されるか注目が集まる。

 - エンタメ・芸能 , , ,