安室奈美恵 育ての親と決別 ロスに拠点写し米国進出へ!

   

昨年、起こった安室奈美恵の独立問題。

 

当時の週刊文春の記事によれば、安室は昨年の5月、92年に契約を交わしてからずっと所属しているライジングの平哲夫社長、関連会社「ヴィジョン・ファクトリー」の幹部ら数人の前で突然「事務所を辞めたい」「独立したい」「これでは奴隷契約です」などと直訴し、後日、税理士を同伴して、印税配分や報酬を上げるなど、条件の書かれた「提案書」を突きつけ、2017年2月末まで残っている契約条件の変更を迫ったといわれる。

 

安室は「奴隷契約」というかなり強烈な言葉を使っており、これについてそれほどの扱いを受けていたということなのか気になるところだが、芸能プロ関係者はこの様に話している。

 

「安室の年収は億単位。事務所との取り分も平均的で“奴隷”なんてことはない。普通に見れば十分“セレブ”ですよ。
ライジングの売り上げの多くを安室が叩き出している。それと同時にライジング内で安室の発言権は絶大で、ワガママも押し通せる状況です」
(東スポWEBより)

 

“「安室には、最低保障として毎月600万円が支払われてる。グッズなどの売り上げはすべて折半。印税も含めると、年間1億円をゆうに超える収入を得ている。安室が“奴隷契約”と言い出したこと自体不可解」
(読売新聞より)

 

本人に見合った収入であったのかは当事者でなければわからない所だが、こういった話を聞く限り、奴隷契約と表現するには少し大げさな気もする。

namie amuro LIVE STYLE 2014 (Blu-ray Disc) (豪華盤)

 

そもそも彼女がデビュー以来、お世話になっていた事務所に反旗をひるがえしたのは、彼女と公私にわたって親密な関係にある著名イベントプロモーターが独立をたきつけたことが影響しているとされていたが、この独立騒動によって各メディアで大ハッシングが発生するとイベントプロモーターの男性は「自分は関係ない」と早々に手を引き、頼みの綱を失った安室はトーンダウンしていった。

 

事務所側は、この自分勝手な物言いに大激怒し、途中、安室は事の重大さに気付いたのか謝罪の手紙を送ったとされていたが、話し合いがこじれれば、今後の活動にも影響しかねない問題だっただけに、その後どうなったのか気になるところだった。

 

そんな中、今年に入って「ライジングプロダクション」を離脱し、レコード契約を結んでいる「エイベックス」系列の事務所に完全移籍することが発表された。

 

これまでも安室のレコード契約はエイベックス系列のディメンションポイントが行ってきたが、マネジメント契約も今後はライジングプロを離れ、ディメンションポイントに一元化されるという。

 

関係者は「三者が納得しての円満移籍」とアピールしているが、それはあくまで表面上のことのようだ。

 

安室の育ての親とされる平哲夫ライジングプロ社長は、「このままの状態が続くことは、互いにとって不幸だという結論に至ったんです」とインタビューで語り、一切の条件をつけず権利を受け渡したという。

 

表向きは円満退社を装っているが、平社長は内心では忸怩たる思いをしているという。
芸能事務所関係者によればこうだ。

 

「安室に独立をそそのかしたと噂されている音楽プロモーターに対してはもちろん、その裏で糸を引いているのは『芸能界のドン』ではないかと疑心暗鬼になっています。平社長が長年信頼してきた人物で、かなりの恩を売っているにもかかわらず、裏切られたという思いがあるそうです」
(ビジネスジャーナルより)

 

ファンにとっては独立の裏事情よりも、今年のスケジュールが気になるところだが、その辺りはどの様になっているのだろうか。

 

音楽業界関係者によれば、安室の目は既に海外に向いているようだ。

 

アメリカのワーナー・ミュージックから強力なオファーが来ていて、今後はロスを拠点に活動を行っていく予定だといい、アメリカに拠点を移すにあたり、全世界の観客が何を求めているのか分析をしているという。

 

最近ではショービジネス界で成功を極めるために更にレベルアップした流行のダンスを取り入れるべくハードなレッスンを始めたともいわれ、ライブ会場において今や欠かせない大画面映像やCGの最新技術も取り入れるため、ハリウッドのショー巡りをして研究しているといわれる。

 

現在はロスに一軒家も購入し、最愛の息子を連れて日本とロスを行き来していると言われ、何年かアメリカで経験を積んだ後に、日本に凱旋帰国する予定を立てているとも言われる安室。

 

泥沼化しそうな状況から一転、新たな場面で安室の活躍を見ることが出来そうだ。

 

 - エンタメ・芸能 , , , , , ,