W杯 サッカー代表の公式スーツは上下19万のダンヒル!

      2014/05/18

W杯の日本代表メンバーの発表で盛り上がりを見せ始めたサッカー。
そんな日本代表メンバーが着用する公式スーツが発表された。

 

代表のメンバーが着用するスーツは、英高級ブランドのアルフレッド ダンヒル(Alfred Dunhill)のもの。

128208-1秋冬dunhillダンヒル2Bシングルスーツ ストライプAB・BB体

 
98年フランス大会以降、5大会連続で「ダンヒル」が使用されており、今回のブラジルW杯モデルとして作られたこのサムライブルー(SAMURAI BLUE)のオフィシャルスーツ「勝負服」は、「世界で戦う日本代表選手のように、ビジネスの世界で勝負する男性に自信などを与え、士気を高めてもらいたいという気持ちをこめた」という。

 

着心地の良いSuper100sのウール生地で作られたこのスーツ、男性的なシルエットでボディラインをしなやかに包み、深いネイビーとライトブルーが織りなすイギリス伝統のプリンス オブ ウェールズ チェック、綿密な採寸を経て、2ヶ月を費やすカスタムオーダープログラムで、胸にはエンブレム、ネクタイはブルーのドット柄でサッカーボ
ールをイメージしたもので、こちらも裏にエンブレムがついているという。

 

このスーツ、4月27日から全国のダンヒルブティックにて発売されており、スーツ上下で19万円、シャツ2万8000円、ネクタイ1万7000円、ネクタイピン2万3000円、ベルト2万8000円でトータルで購入すると28万6000円(本体価格)と高価だが、ビジネスマンからの人気は絶大のようだ。

 
代表が着ているとあって、30台が奮発して一張羅を買う人が多いのだという。売れ行きは南アフリカ大会の倍ぐらいだというから、売り上げも好調なようだ。

 

ポスター広告も一新、これまではザッケローニ監督を中心に、左右に選手たちが直立不動で立っているもので、モデルのように気取ったポーズ。フェイスブックなどソーシャルメディアでも評判になっているという。

 - レジャー・スポーツ