1万人残業調査から見えるものは…やっぱり足りない

      2017/06/25

今回のデータは残業費をもらって生活費を増やしたいからというものが最多ということで、給料が安すぎて、残業費が必要ということです。しかし、これだと何が楽しくて生きているのかわからなくなってしまいそうです。

こんな人も多いのでは?

遅くまで、残業して、コンビニでお弁当を買ってから、家に帰って食事して、風呂に入って寝る。

そして、朝になりまた出社…というような生活をしている人も結構いるのではないでしょうか?

以前のように、終身雇用という考えは、大手以外はもうあまりないでしょうから、自分の時間を大切にし、有効に使って、将来を考えたいものです。

 

fabcross for エンジニアによると

【1万人残業調査】「多過ぎる」と感じる残業時間は36.5時間。残業ゼロは21.3%
http://engineer.fabcross.jp/archeive/170302_overtime_work.html

調査方法:ネットリサーチ
期間:2017年1月12日~19日
対象:全国の公務員・会社員1万145名

  • 10.9%が1カ月の残業45時間以上
  • 理想は残業を6.5時間減らすこと。22.7%は逆に残業を増やしたい
  • 「多過ぎる」と感じる残業時間は36.5時間。9.2%にとって現在の残業時間は「多過ぎる」
  • 「日本は残業多過ぎ」(77.9%)、「残業ゼロで終わるよう幹部が考えるべき」(72.3%)
  • 残業する要因、「残業費をもらって生活費を増やしたいから」(34.6%)が最多

 

ソーシャルポスト

 

保存
保存

保存

 - 政治・経済 , , , , ,