【調査】約32リットルの尿が…通常(25m×12m)学校の大きさのプール

      2017/03/29

目が赤くなるのは、塩素のせいじゃないの?

そう思っている方がいるかもしれませんが、マナー違反でプールに排出された尿と、プール消毒用の塩素が反応して、刺激物が生成されたことで、目が赤くなるそうです。

どれぐらいの尿が…

そんな原因になってしまう尿が、どれぐらいプールに存在するのかを調べた調査結果が、発表されていました。

83万リットルのプールに75リットルとのことでしたので、わかりやすく、通常なじみのある 25m×12m 程度の学校の大きさのプールに換算しなおすと、なんと約32リットルにもなります。

実際には、1.5リットルのペットボトルで、約21本分になりますが、これを多いとみるのか、少ないとみるのか…

まあ、量だけの問題ではありませんね。

 

All About NEWS によると

プールで目が赤くなる原因は、塩素でもおしっこでもない!
https://news.allabout.co.jp/articles/d/85889/

プールに入ると目が赤くなる、って話の元はNational Swimming Pool Foundation(略してNSPF)の見解です。「Healthy Pools Red Eye」と題して、「塩素は目が赤くなる原因ではなく、プールで誰かがおしっこをしてしまうことが原因だよ」と伝えています。
<中略>
「プールの塩素と尿中の窒素が結合して刺激物が発生して目が赤くなる」とNSPFのサイトは伝えています。

 

しらべぇ によると

水泳金メダリストも推奨?な「プールでおしっこ」率を調査 20代女性の49%が経験!
http://sirabee.com/2014/07/10/937/

<中略>

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
対象:全国20代~60代 男女ユーザー計1500名

 

GIGAZINE によると

きれいに見えるプールには75リットルもの「おしっこ」が含まれている
http://gigazine.net/news/20170303-pool-pee/

アセスルファムKは摂取した後に尿から排出されることから、プールの水を分析してアセスルファムKの量を測定し、そこからプールに含まれる尿の量を測定することに成功しました。
<中略>
31のプールや温水浴槽を3週間かけて測定した結果、オリンピックの競技プールの3分の1の大きさに当たる83万リットルのプールに75リットル、実に1.5リットルのペットボトル50本分の尿が含まれていることが判明。
<中略>
あるホテルのジャクジーでは、含んだ尿の量が最も多いプールの3倍もの量の尿が含まれていたそうです。

 

ソーシャルポスト

 

 - IT・サイエンス , , ,