華原朋美 紅白落選も前向き!FNS歌謡祭では小室と共演「絶対見てね」

      2017/10/19

歌手・華原朋美(39)が25日、東京・渋谷区のNHKホールで7年ぶりのソロライブ最終公演を開催しました。

 

 

華原が熱烈な求愛を受けている明治天皇の玄孫(孫の孫)で慶大講師の竹田恒泰氏(38)も来場しており、華原はMCで竹田氏が観賞していることにも触れて「すごく支えてくれますし、理解してくれるし、背中も押してくれる」と明かしましたが、「本当にまだ全然付き合ってなくて、彼氏じゃないんです」「彼氏になってほしいなと思ったら彼氏になってと言おうと思います。でも、今のところないです。ごめんね」と集まった観客3500人の前で友人関係を強調したそうです。

 

DREAM-Self Cover Best-Premium Edition

華原は昨年11月に芸能活動を再開して以降、03年以来のNHK紅白出場を目標に掲げて活動してきましたが、出場者名簿に名前はなく、「力不足で申し訳ございません」とファンに謝罪するも、「簡単に夢はかなわないという現実を思い知りました。でも、来年の目標が出来ました」と前向きに話したそうです。

 

紅白の出演は叶わなかった華原ですが、12月4日にフジテレビで生放送される音楽特番「FNS歌謡祭」のステージでは15年ぶりに小室氏と共演が実現することになりましたね。

 

小室と華原の関係は、まだ人気のなかった頃の華原を小室が見いだし、大スターへと育て上げ、仕事と私生活の両方で良きパートナーでもあったという、まさに象徴的なシンデレラストーリーとしても有名でしたが、98年12月に破局しています。
それ以降、華原は自殺未遂騒動を起こしたり、薬物依存に陥ったりと精神的に不安定な時期が続き、小室と再び共演することはありませんでした。

 

しかし復帰後は「当時付き合っていた彼との問題が大きすぎて、その精神的なダメージが物凄く響いた。振り返ると幼稚で子供だった」などと、番組のインタビューなどでも冷静に当時の自分を見つめ直すことができるようになり、小室にも「また曲を作ってほしい」とラブコールを送り、一方の小室も「みんなに彼女の良さを分かってもらいたい」と話していいました。

 

この夏に放送されたFNS歌の夏祭りの時も、華原がkeep yourself aliveを歌ったすぐ後に、小室がTRFと出演するというニアミスもあり、共演することはないのかとも思われましたが、関係者によると、今回の共演を熱望したのは番組側だということ。
披露する歌は、小室が作詞作曲した「I’m proud」(96年発表)。小室が華原のために作り、当時交際していた2人の絆を象徴する曲だといいます。

 

華原は昨年の同番組に出演し、5年ぶりに歌手活動を再開しましたが、復活のきっかけをつくってくれた同番組には今も感謝しており、オファーを快諾したといいます。
小室はかなり悩んだが「最後のチャンスと再起をかけて頑張っている彼女のためになるなら」と受け入れたといい、2人は今年最大の目玉になるといわれています。

 

華原は前記のソロライブの中で「すごい久しぶりに小室さんと一緒にステージに出ることになりました。すごい楽しみですね」と素直に喜んだそうです。客席の複雑な反応に「何か変な心配してませんか。全然大丈夫です」と笑い、「絶対見てね」と話していたそうです。

 

久しぶりに共演する2人の姿を是非見てみたいですね。

 

 - エンタメ・芸能 , , , ,