フィギュアスケート・ロシアのソチ五輪代表内定か?選ばれたのは?

      2017/10/19

1月21日、ロシア通信が露スポーツ省筋の話として伝えたところによれば、フィギュアスケート男子シングルのソチ冬季五輪ロシア代表は、エフゲニー・プルシェンコに内定したといいます。

 

 

Evgeny Plushenko & Edvin Marton - Live on Ice [DVD]

「スポーツ省では、五輪代表選手のリストが出来上がっており、木曜日(23日)にロシア・オリンピック委員会執行員会が承認することになる。フィギュアスケート男子シングル代表の名前は、プルシェンコのみ。彼はシングルだけでなく、団体競技にも出る」。このようにスポーツ省筋は語ったといいます。

 

ロシアの出場枠は1人なので、プルシェンコは、男子シングルの唯一の代表を務めるとともに、新設の団体競技にも出場するということになるようです。

 

ロシア選手権を優勝して、ソチ五輪代表が有力と思われていたマキシム・コフトゥンが、先日の欧州選手権で5位という結果を受けて、代表選手を誰にするか混沌とした状況となったロシア。
一度はコフトゥンにロシア選手権で破れ、代表から遠のいたようにみえたプルシェンコの名前が再び浮上したことは、先日のブログにも載せたとおりです。

 

そして、欧州選手権後に伝えられたのが、21日にロシア・スケート連盟関係者の前でショートプログラムとフリーの演技を披露し“最終テスト”を受けることになっているという話。

 

ロシア・フィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は、このテストは、プルシェンコのコーチからの要請で行われたと説明しており、実際にプルシェンコは、21日にロシアのフィギュア関係者と審判らの前でテスト演技を非公開で行ったといいます。

 

プルシェンコはRスポーツに対し、「すべてのエレメンツをクリーンに滑ることができた」と、出来栄えに満足を示しており、会長は「すばらしい演技だった」とコメントする一方、プルシェンコの代表入りが決まったわけではないとし、代表は23日に正式発表すると述べたといいます。

 

プルシェンコが選ばれた場合、2002年のソルトレイクシティで2位、2006年のトリノ五輪では金、2010年のバンクーバーでは2位に続き、自身にとって4度目の五輪出場となりますが、内定どおり選出されることになるでしょうか・・・?

 

 - レジャー・スポーツ , , , ,