女子フィギュア・浅田真央 何が原因?まさかのSP16位!

      2017/10/19

19日(日本時間20日午前0時)、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われバンクーバー五輪銀メダルの浅田真央は、まさかの16位となりました。

 
 フリーの結果も含めたもの
 

SPの結果です。
1位 キム・ヨナ(韓国)74.92
2位 アデリナ・ソトニコワ(ロシア)74.64
3位 カロリーナ・コストナー(イタリア)74.12

 8位 鈴木明子 60.97
15位 村上佳菜子 55.60
16位 浅田真央 55.51

浅田真央公式写真集 MAO

練習などを報じるTVなどでも成功率は100%ではなかったトリプルアクセル。
成功すれば高得点になりますが、失敗すれば大きな点数を失う諸刃の剣とも思えるこのジャンプ、浅田選手にしか飛べないこのジャンプを行うことが彼女自身強くいられるのだと、直前のインタビューで話している様子を見て、浅田選手の挑戦を祈るような思いでTVをみながら応援していた方も多いはずです。

 

最終滑走で登場した浅田選手は、冒頭のトリプルアクセルで転倒すると、その後の3回転ジャンプ、2連続ジャンプともにミスが続き、55.51点の16位と苦しいスタートとなってしまい、本来の滑りが出来ないままSPの演技を終えました。

 

演技終了後、浅田は「自分でも終わってみてまだ何も分からない」と放心状態、それでも「明日は自分のフリーの演技ができるようにしたい」と質問にこたえるのがやっとという状況でした。

 

浅田選手がここまで崩れることはかつてなかった事で、どんな状況にも今まで力を発揮してきたことを思うと、今回SPを終えたときの浅田選手の思いはどれほどのものでしょう。
常にライバルと比べられ、国からも期待され、集大成としての完璧な演技を自らにかした重圧も大きかったのかもしれないと色々考えますと、持っている力を発揮できないうちに終えてしまったSPは、本当にかわいそうだったと思います。

 

しかし、こうなったら結果は気にせず、今まで積み上げてきたものを是非フリーにぶつけて、自分の納得のいく演技をして欲しいと心から願っています。

 

日本勢では鈴木明子選手が8位、村上佳菜子選手が15位とこちらも多少、ジャンプにミスの出てしまった演技で、順位を上げることが出来ませんでしたが、3人ともフリーの演技にすべてをぶつけて欲しいですね。

 

フリーの演技ですが、浅田は2組の12番、村上は浅田と同組で10番、鈴木は3組の15番で滑走。リプニツカヤが4組で19番、コストナーが20番、ソトニコワが21番で滑るそうです。

 

●浅田の不調についての様々な声

 

浅田のコーチである佐藤信夫コーチはSPの結果に「練習するだけのことはやってきた。原因はちょっと分からない。決して体調が悪いわけじゃないと思う」と、話しています。
これまで何度も大舞台を経験している真央だけに「これだけ経験豊富な選手。なぜこういう風になったのか分からない」と、首を振ったといいます。

 

そして、団体戦の際、浅田選手の調子が出なかった理由を、彼女の元コーチでフリーの振り付けもつとめるタラソワさんは「ソチ入りが遅かった点にある」と指摘していましたが、個人戦SPの不調についてもコメントしています。

 

産経ニュースの記事によりますと、タラソワさんはSPを中継した地元テレビ局に、解説者として出演しており、浅田が16位スタートになったことについて、「長時間の練習」が原因と指摘。

 

前回のバンクーバー五輪でコーチを組んだ際も、浅田が試合前日になっても、自ら望んで練習をする姿勢に注意したことがあるといい、「大会前に、たくさん練習をすることはまったく正しくない」と解説したといいます。

 

確かに、今回は団体戦も含めると、個人戦の前にも試合があったことで、一度状態を仕上げて、又新たに個人戦に向けて仕上げるという、練習も含めた精神的、肉体的負担も大きかったのかもしれませんね。

 

又、同じく産経ニュースの記事に、ドイツ公共放送ARDで女子SPを解説していた旧東ドイツの女子代表として1984年サラエボ大会、88年カルガリー大会と五輪を連覇した48歳のカタリナ・ビットさんのコメントも載っており「日本ではフィギュアの人気が高く、メダ
ルへの期待も非常に大きい。日本の選手が実力を発揮できなかったのは、その重圧を背負わされたことによるのでは」と分析したといいます。

 

 

 - レジャー・スポーツ , , ,