女子フィギュア・浅田真央 演技にメダル以上の感激の声続々!

      2017/10/19

ソチ五輪フィギュアスケートの女子フリーが2014年2月20日(日本時間21日未明)に行われ、地元ロシアのアデリア・ソトニコワが金メダルを獲得しました。

 
 SPの結果も含めたもの
 

浅田真央選手(23)はメダルは逃したものの、先日のSP16位から6位まで巻き返し、フリーは自己ベストとなる142.71点で、合計点198.22点という結果でした。
このフリーの点数は全体の中でも銅メダルを獲得したコストナーより上、基礎点においては全体のトップという難易度の高い演技構成に挑戦し、見事な演技を見せてくれました。

浅田真央 夢の軌跡~ドリームのきせき~

 

女子フィギュアの結果は以下の通りです。

 

 金  アデリナ・ソトニコワ
(224.59 SP74.64 フリー149.95)

 銀  キム・ヨナ
(219.11 SP74.92 フリー144.19)

 銅  カロリーナ・コストナー
(216.73 SP74.12 フリー142.61)

 4位 グレーシー・ゴールド
(205.53 SP68.63 フリー136.90)

 5位 ユリヤ・リプニツカヤ
(200.57 SP65.23 フリー135.34)

 6位 浅田真央
(198.22 SP55.51 フリー142.71)

 8位 鈴木明子
(186.32 SP60.97 フリー125.35)

12位 村上佳菜子
(170.98 SP55.60 フリー115.38)

 

思えばバンクーバ五輪で浅田選手が目指していたのは「完璧な演技」でした。
女子では浅田選手しか飛べない3アクセルを3回も入れて挑んだバンクーバ五輪、それだけでも歴史に名を刻む偉業でしたが、体力も使うというこの3アクセルジャンプをフリーに2回入れたことで、他のジャンプにミスが出てしまいます。そのミスを悔やむと共に、ソチに向けてスケーティングも1から見直し挑んだ今大会。

 

前大会から4年、自分の身体に染み込んだスケーティングを見直し、立て直していくことはその影でどれだけの努力があったか知れません。
そして集大成を迎えた今、完璧な演技をするという浅田選手の強い思いが知らないうちに重圧になってしまったのかもしれないSPの演技。

 

その前日のSPの演技直後に浅田は「自分でも終わってみてまだ何も分からないです」と呆然とした様子で、「自分の演技が全然できませんでした」と語っており、そのショックはみている方にも痛々しく伝わってきました。

 

SPの結果から一日、フリーで浅田選手は12番目に登場。
おそらく浅田がシニアになって活躍するようになってからフリーでこんなに早い滑走順になったことはなかったかもしれません。

 

しかし、滑走前、団体戦、SPと、滑走前に見せた不安げな表情とは違い、フリーの演技を前にした浅田選手は引き締まった表情で登場し、すべてをぶつける滑りを見せます。

 

冒頭のトリプルアクセルを決めると、3連続ジャンプなどを次々と決め、6種類8回のトリプルジャンプすべてを成功させるまさに圧巻の演技をしました。
結果的には2つ回転不足をとられたものもありましたが、そんなことは全く気にならないぐらい、みていた人の心を揺さぶる演技で魅了し、演技後には感極まった様子で涙をみせ、会場の声援に手を振りながら笑顔でこたえました。

 

そして、このフリーに自分の持てるすべての力を注いで、人々に感動を与える演技をしてくれた浅田選手に対し、ネット上でも多くのファンや過去のメダリスト、選手たちからも続々とコメントが寄せられていましたのでその声を載せました。(ソチ2014より引用)

●元フィギュアスケーターで1998年長野オリンピックで銀メダル、2002年ソルトレイクシティで銅メダルのミシェル・クワンさん。
Mao Asada – made me cry…. a performance that we will allremember forever! 泣いてしまう。永遠に忘れられない演技だ!

●ロシアのエフゲニー・プルシェンコ氏「真央、きみは素晴らしかった。特にトリプルアクセル!きみは本当のファイターだ!!」と賛辞をおくっている。

●1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピックの銀メダリストのエルビス・ストイコ氏。
浅田真央は素晴らしかった!日本の誇りだよ!
正直に言って、浅田真央の演技に涙が出た。彼女の演技で心が微笑んだよ。

●ソチオリンピック銅メダルのジェイソン・ブラウン選手。
「(羽生)結弦と僕はもう大興奮だった。僕たちは真央を愛している」

●バンクーバーオリンピック銅メダリストのジョアニー・ロシェットさん。
「 浅田真央、ワオ! なんて素晴らしい演技、なんて素晴らしい戦う姿!」

他にもツイッターなどで、この浅田選手の演技をみていたファンからはすごく感動した、(浅田選手の演技に)涙が止まらない、メダルよりもなによりも素晴らしいものを見せてもらった、「結果などはどうでもいい、感動をありがとうといったコメントが相次いでいました。

 

浅田選手は演技後のインタビューで「これが、自分がやろうと思っていた構成なのでよかったです」と笑顔をみせると、ショートプログラムについては「すごく悔しくて取り返しのつかないことをしてしまったなという思いがある」と振り返り、フリーでは4年間やってきたことを出せたと話しました。
また、支えてくれたたくさんの人たちに「恩返しもできたのではないかと思っています」とも語りました。

 

浅田選手のオリンピックの演技が人々にもたらしたものは、メダル以上に価値のあるすばらしいものだったのではないかと感じます。
そして、常に国民やファンの期待を一心に背負い、ここまで戦い続けた浅田選手に本当にありがとうといいたいですね。

 

尚、23日深夜1時30分~4時にNHKで放送されるフィギュアスケートのエキシビジョンに各種目のメダリスト+5位までの入賞選手、開催国(ロシア)選手、その他推薦を受けた選手が出演します。

 

男子は羽生と町田、そして高橋大輔も推薦をうけて出演するとのこと、日本男子選手は3人がエキシビジョンに出演します。
又、女子の方では浅田真央が推薦を受けて出演出来ることになったようです。

 

ソチ五輪最後の滑りが楽しみですね。

 

 

 - レジャー・スポーツ , , , ,