中居正広 “おまじない”が話題沸騰!探し物が出てくる?

      2017/10/19

先日のフジテレビ系「笑っていいとも!」の中でSMAPの中居正広さんが紹介した「ハサミさんのおまじない」が反響を呼んでいるといいます。
失くした物が見つからないときにハサミを顔の横で動かしながら「はさみさん、はさみさん、私が探している○○はどこにありますか?」と唱えると見つかるというもの。

 

 

放送当時は、共演者のローラやバナナマンらに「頭おかしくなっちゃったの?」と言われるなど、その“おまじない”が共感を得ることはなかったようですが、その後視聴者からの反響が殺到し、番組宛てに探しものが見つかったとの声が100件近く届けられたといいます。

 

その反響をうけて15日の放送では「中居の『ハサミさん』緊急レポート」と題した特別コーナーを放送し、視聴者からの報告を紹介。
「2日間探しても見つからなかったものが見つかった」「ハサミさんのおまじないをしたら、警察から『届いてますよ』と連絡が来た」などの声が届いたようです。

 

このおまじないについて専門家は「はさみを顔の横で動かすことにより脳が恐怖を感じ、あせって記憶を引っ張りだそうとしていると考えられる。脳が死を回避するがために感覚を研ぎ澄ましている状態。まさに、走馬灯を見ている状態」と、解析していました。

 

フォトブック ★ 中居正広 2002 「中居正広in模倣犯~ピースの世界~」

中居はこのおまじないについて「(誰かが“おまじない”を)使っているときには、やっても能力はない」といい、「ハサミも忙しいから滅多に使わないで。本当に『あれがない!どこにいったの!?』ってなった時にだけ(使って)」と主張。
“おまじない”のコツを「胸を張って恥ずかしがらずに」することだと伝授しています。

 

番組では、「ハサミさんのおまじない」を信じる中居と半信半疑の出演者が対立、主張を曲げない中居にタモリは、「(中居は)そんなの一番信じないタイプだろ」と呆れ顔で問いかけていました。(モデルプレス)

 

本当に無くした物が見つかるようならありがたいですよね。
ネット上でも同じような話しがあるのか探してみたのですが、実際に探し物を見つけ出すおまじないのようなものがいくつか出てきました。
そして、結構「探し物が見つかっている」とコメントしている方多数なので驚きました。

 

下記にいくつかのせてみましたので、探し物が見つからなくて困っているという方は試してみては如何でしょうか?

 

例えば同じハサミ様でも、中居くんとは少し内容が違うものも・・・

 

●ハサミを立てかけて行う

・どんな種類のハサミでもいいので、一番良く使用するハサミ刃を開き、何処でもいいので立てかける。
・「ハサミ様、ハサミ様、お願いですので○○○を見つけてください。」と心をこめて2~3回、声に出してお願いする。
・そのあと、一度探した場所も含めて、思いあたる場所を探す。

探し物が見つからなくて困ったときに、ネットで検索したおまじないですが、びっくりするほど効いたといいます。
探し物が見つかったら「ハサミ様、ありがとうございました。」とお礼を言って、きちんと仕舞うことも忘れずに・・・とあります。

 

●ハサミを輪ゴムでとめて行う

・ハサミの2枚の刃の部分に輪ゴムでとめて、開かないようにし、机の上に置いておく。
・無くしものが出てきたら、ハサミから輪ゴムを取って元に戻す。

これで、出てこなかったことはありませんとのことです。

 

●「ないないの神様」と唱える。

「ないないの神様、ないないの神様、ないないの神様、○○はどこですか?」と唱えるというもの。

 

●「にんにく、にんにく・・」と呟く

「にんにく、にんにく…」と呟きながら探すと探し物が出てくる。

物がなくなるのは、いたずら好きな魔女の仕業だから、魔女の嫌いなにんにくで脅すと退散するといわれているそうです。

 

●おまじないの言葉を唱える

「清水(しみず)の音羽の滝に願かけて失せたる○○(なくしたもの)のなきにもあらず」

「清水の滝の流れに勝とも、私の〇〇(見つけたいもの)に勝るものはない」

土地によって言葉が違うようですが、清水の滝に願をかけるおまじないのようです。

 

 - エンタメ・芸能 , , ,