バラエティ番組で語ったAKB 相撲界 宝塚歌劇団など意外なルール とは?

      2017/10/19

バラエティ番組「ジャネーノ!?」は、フットボールアワーの後藤輝基をMCに迎え、リーク情報を元に芸能人がこれまで明らかにしてこなかった情報に切り込むトーク番組。

 

 

その中で、様々な業界の人が、自分たちの世界のルールについて語っている内容がおもしろかったので載せてみた。

 

ドレキグラム’08 [DVD]

AKB48からは、高橋みなみ、渡辺麻友、川栄李奈の3名が出演し、暗黙のルールを語った。

 

AKBの恋愛禁止以外のルールとは?

「研究生は正式メンバーになるまで髪型を変えてはいけない」というもの。
川栄は、公式写真があって、それがストレートならストレートにしてなきゃいけないって決まりがある」と話す。
さらに、まゆゆは、暗黙のルールとしては「先輩と被っちゃダメ」というルールもあると説明した。

 

さらに、AKB48の上下関係についても言及している。

高橋は「私は1期生なんで、特に気を使うことなくタメ口ですし、2期生までは(加入まで)半年しかくらいしか開いてないので、大島優子はタメ口です」というが、「でも、3期生の麻友は私のことをさん付けで呼びますし、3期からはずっと敬語です」と告白した。

 

又、高橋はメンバーと食事に出かけた際には、後輩だけでなく「(同期の)1期生と行っても私が払います」と総監督らしい太っ腹な対応を明かした。さらに、「峯岸みなみとよくご飯に行くんですけど、(峯岸は)財布を持たないんですよ(笑)」とその関係性も明かしている。

 

そんな高橋についてのルールも存在するといい、渡辺はこのように話す。
「総監督の高みなを絶対にお風呂に誘ってはいけない」というもの。

 

「絶対に人に裸を見せないんですよ」と川栄。

 

それに対して高橋は、「嫌なんです。根本的にお風呂って場所でなぜ裸をさらさなければならないのか分からない」と反論し、水着の撮影も「苦痛で仕方がないので、できるだけ隠しますよ。早着替えが誰よりも早いですよ、見られないために」と裸を人に見られることを拒絶した。

 

 

他にも元宝塚歌劇団出身のACHOU(あちょう)が宝塚の厳しい上下関係についてこう話す。

上下関係が厳しいことで知られる宝塚、廊下、学校、寮などどこでも怒られるというが、「怒られている同期をみたら、一緒に謝る」のがルールだという。

 

しかも、謝る時の「顔」が決まっており、眉間にしわを寄せて、口角を下げて謝るというのだ。
ACHOUが怒られているとき、通りかかった同期が一緒に謝ってくれたのだというが、ACHOUよりも一緒に謝ってくれた同期の子の方が、上手な顔で謝っていることを先輩に指摘され、ACHOUが同期の子の顔をみると、その顔の面白さに思わず笑ってしまったというエピソードを披露。他の出演者からの笑いを誘っていた。

 

又、相撲界からは元若乃花の花田まさるが出演。
横綱は相撲の世界では「神様」なので、車を洗車してはいけない」というルールがあったり、「堂々と歩かなければならない」といった横綱としてふさわしい歩き方までが求められるのだという。

 

それぞれの業界に、普通の世界ではあまり考えられないような意外なルールがあるようだ。

 

 - エンタメ・芸能 , , , , , ,