アイドルの中で圧倒的な才能は後藤真希!今後の活動は?

      2017/10/19

6月26日に生放送されたテレビ東京開局50周年記念特別番組『テレ東音楽祭』にモーニング娘。のOGであるドリームモーニング娘。が出演し、およそ2年8カ月ぶりにテレビ出演をした後藤真希も登場した。

 

 

同番組で見せたキレのあるパフォーマンスや、口パクに頼らない歌唱力もブランクを全く感じさせないもので、見た目も、28歳という年齢を感じさせないツインテールの髪型、露出度の高い衣装の着こなしなど、久しぶりの登場にも「可愛すぎる」「劣化なし」「オーラが凄い」と、番組出演後のツイッターなどでも高評価の声が多い。

後藤真希 活動休止前ラスト写真集 『 go to natura ... 』

 

後藤真希といえば、1999年、モーニング娘。の第3期メンバーとしてデビューし、グループの代表曲ともいえるLOVEマシーンで、センターポジションを任され、一気に当時のモー娘。を牽引する存在となった。

 

02年にはモーニング娘。を卒業しソロになり、07年にはハロプロを卒業、その後は弟の逮捕や、最愛の母親を亡くしたりと悲しい話題が続いていた。

 

11年の6月には、所属レコード会社を通じ、「今までずっと自分ではない誰かのために生きてきました。そんな私が今度は自分のために生きてみたい、それはゴマキでない自分、後藤真希という普通の自分に戻ってみたいと思うようになりました」と発表し、その年の12月から活動休止していた。

 

そんな後藤がテレビ出演で活動復帰を果たす少し前、彼女をデビュー当時から見てきた育ての親ともいえる振付師の夏まゆみ氏が、ニュースサイト「ORICON STYLE」の中で、これまで育ててきた中でNo.1の才能を持ったアイドルに、後藤真希をあげていた。

 

そして、モーニング娘。やAKB48の中で言うと、圧倒的な才能という意味では彼女がNo.1だったと明かしている。

 

後藤のモー娘。メンバー加入にあたっては、当時、「夢のオーディションバラエティー」として、小室哲哉やつんく♂などのプロデュースで、鈴木亜美やモーニング娘。、CHEMISTRYなど数多くのアーティストやタレントを輩出したテレビ東京系の『ASAYAN』という番組の中で、モーニング娘。のメンバー追加のオーディション実施が告知、オーディションの模様も同番組において放送された。

 

その番組を見ていた人はもしかしたら記憶にある方もいるかもしれないが、番組では、後藤がオーディションに挑戦する様子から、加入が決まった後、後から入るメンバーとして、それまでの曲も全て短期間で覚えないといけない状況に奮闘している様子も番組内で放送された。

 

随分昔の番組だが、当時その番組を見ていた自分も、他のメンバーについての記憶はあまりないのだが、後藤真希のオーディションの様子は、印象に残っているところを見ると、その頃から確かにアイドルとしての天賦があったのかもしれない。

 

そんな後藤の受けたオーディションの審査員として関わっていた夏氏は、当時の様子を「とにかく1人だけオーディション時からズバ抜けていた。彼女の場合は“原石”ですらなかった」と当時を振り返る。

 

さらに、夏氏は後藤のアイドルとしての“天賦の才”を具体的に明かす。「10代中ごろとは思えない容姿はもちろんですが、絶対に成功してやる! というハングリーさ、精神的なタフさ、土壇場での集中力。後から入ってきたメンバーって、それまでの曲も全て短期間で覚えないといけないんですけど、後藤はすぐに覚えてしまった」と舌を巻いたという。

 

この記事は反響を呼んで、6月29日に後藤本人も記事への感想をブログに「夏先生がいたお陰で、成長できるチャンスが沢山あった。本当に感謝しています。夏先生~! らぶゆー!」と夏氏への感謝を述べている。

 

久しぶりのテレビ出演から、夏氏の絶賛の記事もあり、アイドルとしての後藤真希が再評価されているという。

 

後藤は6月25日にオープンした“オトナ女子”のためのキュレーションサイト「Alifis(アリフィス)」のチーフ・キュレーターに就任し、これまでとは全く違った活動を見せており、今後の展開も注目されている。

 

これから復帰した後藤がどのような活躍を見せてくれるのか、多くのアイドルを見てきた夏氏が絶賛するその才能を生かし、これから様々なことに挑戦して欲しい。
ファンも期待しているはずだ。]]

 

 - エンタメ・芸能 , , , ,