矢口真里 まもなく芸能活動再開! なぜミヤネ屋で復帰?

      2017/10/19

2013年5月の不倫騒動後、活動を休止しているタレント矢口真里(31)が、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金、後1:55)に生出演することで最終調整に入っていると報じられた。
地上波でのテレビ出演は昨年5月21日、名古屋・CBCテレビのローカル情報番組「ゴゴスマ―GO GO!Smile!」以来となる。

 

 

今まで、活動再開に関しては様々な憶測もされてきたが、復帰番組については決定作業が難航していたという。

 

風をさがして

関係者によると、矢口は先月初旬ごろから、親しい芸能界の友人や関係者に復帰の意思を伝えていた。所属事務所も、社会的制裁は十分に受けたと判断し、円満に活動再開ができるよう、水面下で復帰プランを模索していた。

 

ここにきて「ミヤネ屋」に決定した背景には、矢口の母親の意向が強く働いたのではといわれている。

 

その理由として、司会の宮根誠司(51)は以前から番組内で複数回、矢口に復帰を呼び掛ける発言をしており、番組内でも「お相手のことが本当に好きなんでしょうね」などと矢口を擁護するコメントもしていた。

 

スポニチアネックスの取材によると、母親がこの発言を聞き、娘を温かく見守ってくれる存在として親近感を抱いたという。
この感情が「ミヤネ屋」での復帰という道筋をつけ、状況の打開につながったとみられる。

 

矢口は離婚後、公の場から姿を消し、一部報道では、不倫相手の男性と結婚を前提にした半同棲生活を送っているとされている。

 

「ミヤネ屋」には生出演か収録か、どのような形で画面に登場するのか詳細は未定だが、騒動について初めて肉声で謝罪し、釈明するとみられる。
又、騒動のきっかけとなったモデル、梅田賢三(26)との現在の仲についても触れるとみられ、視聴者やファンがどう反応するか注目される。

 

 - エンタメ・芸能 , , ,