GPシリーズ第4戦ロシア大会 本郷理華優勝! 小塚崇彦は6位!

      2017/10/19

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦となるロシア大会がモスクワで行われ、18歳の本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)がショートプログラム2位からフリーで逆転し、自己ベストを更新する合計178.00点で初優勝した。

 

 

本郷はGP出場2大会目だった今大会、ジャンプもすべて決め、ミスのない演技で終えた。
パゴリラヤはジャンプに精細を欠いたものの2位となり、前回出場したカナダ大会の結果(優勝)とあわせてファイナル進出が確定した。

 

ステップ バイ ステップ

一方、小塚はショートで3位につけていたものの、フリーの演技で2度転倒し7位と伸びず、6位という結果に終わった。

 

今大会、優勝したフェルナンデスは、第2戦のカナダ大会の2位の結果とあわせて、地元開催となるGPファイナルへの進出を決めている。

 

結果は次の通り

女子の結果
優勝  本郷 理華(JPN) 178.00
2位   アンナ・パゴリラヤ(RUS) 173.43⇒ファイナル進出
3位   アレイン・チャートランド(CAN) 172.00
6位   大庭 雅(JPN) 154.57

男子の結果
優勝  ハビエル・フェルナンデス(ESP) 265.01⇒ファイナル進出
2位   セルゲイ・ボロノフ(RUS)252.00
3位   ミハル・ブレジナ(CZE) 241.23
6位   小塚崇彦(JPN) 216.80

 

男女各6名が進めるGPファイナル。

 

前述のように、男子はフェルナンデス、女子はパゴリラヤがそれぞれファイナルへの進出を決めているが、他にもロシアのエリザベータ・トクタミシェワがアメリカ大会で2位、中国大会で優勝し、既にファイナル進出を決めている。

 

残すフランス大会と日本大会(NHK杯)の結果により、ファイナル進出者が決定する。

 

 - レジャー・スポーツ , , , ,