錦織の恩師 松岡修造の年収が錦織の賞金を凌ぐ勢い!?

      2017/10/19

日本プロテニス界の歴史にその名を刻んだ錦織圭。

 

 

年間獲得ポイント上位8名のみが出場できる「ATPツアーファイナル」に日本人として初出場し、準決勝までコマを進めた。
今季の獲得賞金は443万1,363ドル、日本円でおよそ5億1,000万円に達するといわれ、これに、実際にはユニクロ、日清食品などのスポンサー料などもあるため、実際には10億は軽く超えるのではないかと言われている。

まいにち、修造! [日めくりカレンダー] ([実用品])

 

さすが、現在、世界で活躍する急成長著じるしい現役スポーツ選手だけのことはある。

 

しかし、テニストッププレーヤーのフェデラーやナダルなどは、数十億とも言われており、そんなトップ選手の仲間入りをした錦織も、今後の活躍次第では、更なる年収アップが大いに期待できるだろう。

 

そんな錦織の恩師であり、先日、生中継されたATPツアーファイナルでも、愛弟子に声援を送りつつ、解説をしていた松岡修造氏の年収も、実はかなりのものだといわれている。

 

現在、松岡は自身の地でいく「熱血キャラ」で、スポーツの解説者やレポーターとしても引っ張りだこの存在。
オリンピックやフィギュアスケート、その他様々なスポーツでその熱血解説ぶりを発揮し活躍中だ。

 

最近では、自身が出演しているAUのCMで「テニスされてたんですか?」といわれてしまうシーンがあるが、もしかしたら、最近の若い人はまじめに現役の頃を知らない人もいるのだろうか。

 

松岡自身も元プロテニスプレーヤーであり、錦織選手の才能を見出した人とも言われるだけに、今年の錦織の活躍に対する思いは格別だろう。

 

そんな松岡は、そのポジティブでクリーンなイメージから、今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」では計10社で、嵐・相葉雅紀、阿部寛と並び堂々の第1位だという。

 

1本当たりのギャラは「4,000~5,000万円」(代理店関係者)で、これだけでも年間4億円以上の稼ぎとなるといわれているのだ。

 

他にも、グッズの売り上げも絶好調で、発売中の日めくりカレンダー『まいにち、修造』(PHP研究所)は定価1,080円で、すでに4万部を超える大ヒットで、「商品の製造が追いつかず、現在予約待ちの状態」(関係者)というから驚きだ。

 

因みにこのカレンダー、公式ホームページから発信される話題の“修造語録”に、書き下ろしの新作をプラスした著者初の日めくりだという。

 

これにキャスター業やタレント業、日本テニス協会理事や日本オリンピック委員会スポーツ環境専門委員などの稼ぎも加わるといわれ、代理店関係者は「熱血キャラが老若男女にバカ受け。イメージ的にもクリーンでクライアントが起用したがる。錦織フィーバーは来年以降も続くと見られ、松岡さんの存在感は増す一方でしょう」
(ライブドアより)

 

錦織の年間獲得賞金を凌ぐ年収を叩き出す松岡。
錦織の活躍とともに、今後は松岡の活躍も見逃せない!?

 

 - レジャー・スポーツ , , ,