松田聖子・デビュー35周年 紅白トリの可能性!?

      2017/10/19

今年デビュー35周年を迎えた松田聖子。
その割にはあまり話題になっていないが、先日、出場歌手が発表されたNHKの紅白歌合戦に出場する。

 

 

今年、聖子の目立った活動といえば、毎年恒例の全国ツアーとNHKの音楽番組への出演ぐらいで、5月にシングル、6月にアルバムを発売したが、シングルは1万枚、アルバムは3万枚ぐらいしか売れなかったという。

 

しかし、今は昔ほどCDが売れる時代ではなく、先日、紅白の選考からもれた浜崎あゆみも、今年発売したアルバムは、オリコン週間シングルランキングで初登場24位、初登場トップ20落ちは約16年4ヶ月ぶりだった上、売上枚数がたったの2889枚というショッキングな結果で話題となっていた。

~Pre 35th Anniversary~ Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy [DVD]

 

最近CDがある程度売れるのは、ジャニーズとAKBぐらいで、アルバムの売上げが年々低下しているのは、松田聖子だけではないわけなのだし、それ程気になることもないのだろうが、かつての勢いを知っている人は、35周年なのに?と思ってしまうのかもしれない。

 

一方、娘の沙也加は大ヒットし社会現象にもなったディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹替版でアナ役をつとめ注目を浴び、紅白には納得の出場となった。

 

デビュー以来、親の七光りと言われ続けてきた娘もミュージカル・舞台と母親とは違うところで、実力を磨き、独り立ちしており、最近は聖子よりもTVやメディアに露出する機会が多い。

 

再々婚した歯科医とも、もはや「仮面夫婦状態」だといわれ、愛人とうわさされる男性マネージャーとあたらしい事務所を立ち上げて活動するなど、離婚危機もささやかれ始めており、今ひとつ彼女自身にはパッとした話題がないのだが、そこはやはり誰もが知っている国民的なアイドル、幅広い年齢層からの認知度や実力はもともと高く、根強いファンはまだまだいるだろう。

 

一部スポーツ紙によると、紅白では紅組のトリとして聖子の名前が浮上しているという。

 

今年、紅組の歌手を見渡しても、聖子以外にトリをつとめる「格」の歌手がなかなか見当たらないだけに、もしトリにでもなれば、ファンにはたまらないヒット曲メドレーでも歌ってもらって、是非盛り上げてもらいたい。

 

 - エンタメ・芸能 , ,