AKB高橋みなみ 卒業発表へ!ドッキリ企画ではなく本当の卒業へ

      2017/10/19

AKB48高橋みなみ(23)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたグループ結成9周年公演で、AKB48からの卒業を発表した。

 

 

高橋の卒業については、奇しくも先日放送のフジテレビ系めちゃイケのスペシャルで、メンバーをだますドッキリ企画として扱われたばかりだが、今回は本当の卒業発表となった。

クリアファイル付 (卓上)AKB48 高橋みなみ カレンダー 2015年

 

高橋は05年12月8日に1期生として、グループ発足とともにデビュー。

 

グループが国民的人気を獲得した後の12年8月に、姉妹グループを含めた「AKB48グループ」の総監督に就任し、今年の2月からは、AKB48チームAのキャプテンにも再任していた。

 

卒業は一年後としているが、1年前の発表に至ったのは、総監督という立場があってのことだという。

 

高橋は以下の様に話している。

 

「まだ1年先の話ですが、私はAKB48の総監督です。メンバーに引き継ぐ時間、有余をいただくために、このタイミングでの発表をさせていただきました。私は、AKB48に入って本当によかったと思います。同期もたった3人になりました。気づけば周りの景色を変わっていました。どうしてここにいるんだろう、という気持ちがなかったと言ったらうそになります。それでも、ここにいてよかったと思えるのは、スタッフの方々やすばらしいメンバーのみんな、そして、何より、ファンのみなさんに出会えたことが、私の人生の一番の宝ものです。私がAKB48に恩返しできることは少しかもしれませんが、なにか未来を担う子たちに何か残してあげたい。それが私にできるひとつの恩返しの形だと思っています」
(日刊スポーツより)

 

そして、総監督である自身の後継者には、横山由依(21)を指名した。

 

高橋は横山を指名したことについて、自分にとってすばらしい後輩だとした上で、本当にまじめで不器用で、凄く一生懸命頑張ってくれたことをあげた。
そして、(総監督という苦しい立場を)横山に指名することは苦しいけれど世間の方に見てもらえる横山にとってのチャンスと思って、頑張ってほしいと思っていると語った。

 

先日のメチャイケでは、卒業するというドッキリ企画の演技なのに、演技力が凄すぎると話題になっていた高橋。
本当の卒業が頭によぎっていたのかもしれない。

 

 - エンタメ・芸能 , , , , , , ,