SMAP中居正広がのどの手術!

      2017/10/19

SMAP中居正広(42)がのどの腫瘍を摘出する手術をしていたことが27日、分かった。

 

 

この日夜放送されたニッポン放送「中居正広のSome girl’ SMAP」の中で、「2、3週間がたち、落ち着いたのでお話しします。たいしたことないのですけど、6月3日か4日に、のどの腫瘍を手術しました」と報告した。

 

喉に異変を感じたのは約1年半前だといい、特番収録が重なった時期で「声がガラガラで声が飛ぶ。無理しても出ない」という症状があったという。

ポスター 中居正広 DUNLOP 「スポンジが、音を吸う。」 宣伝

 

今年5月末に病院で精密検査を受けて、腫瘍が発見された。
主治医から「悪性だった場合は喉頭がん(の可能性もある)」と言われた。2月に父正志さん(享年79)を肺がんで亡くしており「すごいDNAだなと思った」と振り返った。

 

というのも、中居の父、正志さんは13年2月に肺がんを患い、片方の肺を全摘出しているが、同年秋にはリンパに転移したことが発覚、放射線治療によって治ったものの、昨年5~6月には咽頭がんが見つかり、8月に手術を受けている。
その後、転移した喉頭がんの手術を受けたが、今年2月に帰らぬ人となった。

 

中居の腫瘍だが、幸い摘出した結果、良性と判明している。
「手術後2週間は声が出ない」と言われたが、入院して仕事を休んだのは5日間だったという。

 

「好きなことができてよかった」と笑いながら振り返っていたというのが中居らしいが、近年タレントが重大な病気を公にして病と闘うといった話が多いだけに、大事に至らず一安心だったことだろう。

 

 - エンタメ・芸能 , ,