梅毒患者が急増、過去最速で1000人超に…東京最も多い

   

国立感染症研究所の発表による速報値で、今年の梅毒の感染者が3/26までに1013人と過去最速のペース。

都道府県別では東京が323人と最も多いとのことです。

その東京では

梅毒の届出数は近年著明な増加を認め、2016年全国の届出数は4,518例、そのうち東京都(以下, 都)は1,673例で全国の37%を占めた。

また、東京都における梅毒患者届出数は、2011年以降男女ともに増加傾向にあり、 2016年全体の届出数は1,673例(届出率, 人口10万対12.3)で、これは2007年の162例(同1.3)の10.3倍であった。(国立感染症研究所より)

この時期から考えると、例のあの事故の影響や、外国人の日本における観光が爆発的に増えていることと考え合わせると、なんとなくこんな感じかなという気もしますが…

 

ソーシャルポスト

 

 - 健康・ライフ , ,