半沢直樹の脇役!人気上昇中の俳優は?

      2017/10/19

最終回で今世紀最高のドラマ視聴率を叩き出した「半沢直樹」。
倍賞美津子さんや香川照之さんなどは主役級のインパクトがありましたが、他にも出演されていた脇を固める俳優、女優が今人気上昇中のようです。

 

 

例えば、滝藤賢一(47)さんは、半沢直樹とともに「あまちゃん」にも出演、アップのシーンが多かった半沢直樹のドラマ内で目を充血させた表情を見せてくれていた半沢と同期の近藤役の俳優さん。

 

仲代達也の無名塾出身の滝藤さんですが、若い頃は舞台を中心に活躍されていた時期もあったようです。
改めて気にしてみると色々なドラマに様々な役どころで出演されていました。

 

日曜劇場 半沢直樹 オリジナル・サウンドトラック

主演の堺雅人さんとは5年前に「クライマーズハイ」で初共演されていますが、他にもカラマーゾフの兄弟では刑事役、ストロベリーナイトでは犯人役で出演、記憶に残るところでは、踊る大捜査線の中で中国人の刑事役、王さんを演じていました。
演じる役によって、印象が結構代わる俳優さんですね。
フジテレビの「ねじれた絆」では物語の原作者のジャーナリスト役で出演されているなど、滝藤さんが出演されるドラマは話題作が多いのも特長のようです。

 

他にも大和田派で陰湿な本店人事部次長の小木曽を演じた緋田康人(49)は年内のスケジュールが埋まっているほどの引っ張りだこだといいますし、支店長の腰巾着のように寄り添い、半沢をイジメまくった大阪西支店の副支店長、江島浩役の宮川一朗太(47)はすでに連ドラ2本を掛け持ちして、舞台を控えて稽古も重なり、睡眠時間を削っている多忙ぶりだそうです。

 

元々実力派の俳優をそろえた骨太な作品ではあったものの、ドラマが終わったあとも注目が集まるというのは、それぞれの個性が引き立つような作品でもあったのかもしれません。

 

又、このドラマに出演して収穫があったのが壇蜜(32)だといいます。
元々半沢直樹には女優の出演者が少なかったが、大阪編の西大阪スチール社長の愛人、藤沢未樹を演じ、演技力では賛否あったといいますが、テレビに出演し始めた当初から、壇蜜の色物路線ではCMスポンサーが付かないのではと見られていたところ、半沢の出演により、その不安を払拭したといいます。
すでに、CM契約を5社と結び、新たに女性向けのヘアケア関係も含め、数社のスポンサーが決まる見込みだといいますから、このドラマへの出演は壇蜜にとっても新しい方向性を開いたのかもしれません。

 

 - エンタメ・芸能 , , , , , ,