政治・経済一覧

今度はアルコール規制!?次の規制はなんだろう?

タバコ規制で世の中いろいろと騒がれていますが、今度はアルコールということで…なんだかオリンピックを口実にいろいろな規制をかけられてしまい、最近住みにくい日本になってきたなって感じますが、いかがですか?アルコール規制はタバコ規制と並んで世界的な流れになっており…

70歳まで「ほぼ現役世代」に…あなたは働き続けられえますか?

70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきとの提言を、自民党のプロジェクトチームが行い、骨子案をまとめたとのことです。 少し前には、日本老年学会などが高齢者の定義を「75歳以上」とすべきだとの提言をしたとのニュースがありましたが、回りから徐々に固められてきています。

景気の拡大、実感してますか?いや個人的には無理でしょう…

2012年12月から続く景気拡大が今年3月で52カ月を迎え、バブル景気を抜いて戦後3位の長さに…景気動向指数の項目はいくつもあるので、その中で個人消費に関連する部分はマイナスでも、他の指数がプラスなら、景気動向はプラスになるので、個人的な実感はなくても、景気全般としてプラスになることはあるでしょう。

現在の社会に満足している?え!こんなに多いの?

「現在の社会に全体として満足しているか」との質問に「満足している」と答えた人が前回調査比3.9ポイント増の65.9%、「満足していない」は同3.9ポイント減の33.3%で過去最低だったとのことで、この結果について、どこの誰がこんなに満足しているのか個人的には不思議でなりません。

残業「月100時間未満」で決着!これで長時間労働は減るのか?

残業時間上限規制を巡り、繁忙期に例外として認める残業を「月100時間未満」とするよう要請し合意。 ・残業時間は「月45時間、年間360時間以下」を原則 ・繁忙期であっても「月100時間未満」「2~6ヶ月の月平均がいずれも80時間以下」 ・月45時間を超えるのは年6回まで ・繁忙期を含めても「年720時間」を上回らない

1万人残業調査から見えるものは…やっぱり足りない

遅くまで、残業して、コンビニでお弁当を買ってから、家に帰って食事して、風呂に入って寝る。そして、朝になりまた出社…というような生活をしている人も結構いるのではないでしょうか?以前のように、終身雇用という考えは、大手以外はもうあまりないでしょうから、自分の時間を大切にし、有効に使って、将来を考えたいものです。

初の「色彩商標」は、なるほど納得!お馴染みの2つ

経済産業省は3月1日、新しいタイプの商標のうち、色彩のみからなる商標について、この度、初めて登録を認める旨の判断をしました。特許庁は、2月28日付けで、初めて2件の登録を認める旨の判断をしました。新しいタイプの商標は、言語以外の多様なブランド発信手段として、企業のブランド戦略に大きな役割を果たすことが期待されます。

森下仁丹が『第4新卒採用』で50代を対象?「オッサンにもチャンス!」

森下仁丹は3月1日から、『第4新卒採用』を始め、前職のキャリアを問わない挑戦し続ける人材を幅広く募集するそうです。社会人としての経験を十分積んだ後も仕事に対する情熱を失わず、次のキャリアにチャレンジしようとする人材を、性別・年齢を問わず採用していくこととのこと。