火星探査機メイブン(MAVEN)ミッションは?

この火星探査機は次の頭文字をとって

Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN

メイブンとなづけられている。

探査機画像でたどる 火星 基礎知識からキュリオシティまで (宇宙画像eBook)

メイブンは、2013年11月18日(日本時間同19日)、アメリカ・フロリダ州のケープカナベラレル空軍基地から打ち上げられ、10ヶ月の飛行の後、2014年9月21日(日本時間同22日)火星を回る軌道に入っていることが確認された。

火星でのメイブンの軌道は楕円形になり、惑星への最も近い点は150キロ(93マイル)で、ガスなどをサンプリングすることができる。

MAVENファクトシートによると、MAVENは次の4つの科学的探査目標をミッションとしている。

時間をかけて行われた火星大気から宇宙への流出による損失の役割の測定。
上層大気、電離層と太陽風の相互作用の現在の状態の測定。
現在の中性ガスとイオンの宇宙への脱出とそれに影響する過程の比率の測定。
火星大気中の安定同位体比の測定。
(wikipediaより)

NASAのチャールズ・ボウルデン長官は次のように述べている。

「Mavenは、火星の上層大気を研究を専門とする最初の探査機で、時間の経過とともに気候がどのように変化したか、またそれが惑星の表面の環境にどのような影響を与えたかといった火星大気の歴史の理解を大幅に向上させるでしょう。それはまた2030年代に火星に人類を送り込む将来のミッションに向け、より良い情報をもたらしてくれるでしょう。」

いずれにしろMAVENからの情報が待ち遠しい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする