スキージャンプ

その他

スキージャンプ男子ラージヒル団体 銅メダル!葛西涙のワケは?

17日夜(日本時間18日未明)、スキージャンプ男子ラージヒル団体で日本が銅メダルを獲得し、ジャンプ団体では16年ぶりのメダル獲得となりました。この日は長野五輪で団体が金メダルを獲得した日でもあるといいますので、当時その団体戦に怪我で出場出来なかった葛西選手の思いもひとしおだったかもしれませんね。
その他

スキージャンプ・ソチ五輪代表 高梨沙羅はどんな選手?

1996年10月8日生まれの現在17歳 日本女子スキージャンプ選手。小学校2年生からアルペン用スキーでジャンプをやっていたが、本格的に取り組むようになったのはテレビの映像で山田いずみ(現在のコーチ)、渡瀬あゆみが飛ぶ姿を見て、地元のジャンプ少年団に入ってからだという。
その他

スキージャンプ 葛西選手の強さの秘密は?

先日、ノルディックスキーのワールドカップ・ジャンプ男子で、葛西紀明選手(41)が、史上最年長で優勝を果たしました。来月7日に開幕するソチ冬季五輪の日本選手団主将にも選ばれ、7度目のオリンピック出場を果たす葛西選手。
その他

ノルディックスキー ソチ五輪代表9人決まる!最年長の葛西も選出

全日本スキー連盟は7日、ノルディックスキーのジャンプと距離のソチ五輪代表9人を発表しました。今大会から新しく採用されるジャンプ女子では、今季W杯で開幕4連勝を飾った17歳の高梨沙羅(クラレ)をはじめ、伊藤有希(土屋ホーム)が選ばれました。
タイトルとURLをコピーしました