フィギュア一覧

男子フィギュア 世界選手権への代表選手発表 町田樹が突然の引退発表!

26日から開幕した全日本フィギュアの男女の試合が終わり、日本スケート連盟は28日、来年3月に中国で開催される15年世界選手権に挑む日本代表選手を発表した。 男子代表:羽生結弦、小塚崇彦、無良崇人。女子代表:宮原知子、本郷理華、村上佳菜子。選出された町田樹がリンク上で突然、引退を発表し、世界選手権の代表辞退を表明した。

羽生ピンチ?フィギュア・ルール改正で不利になる!?

先日、GPシリーズが開幕し、今季のフィギュアシーズンがスタートした。今シーズンからのルール改正により、選曲が可能となったもので、町田選手もフリーで『交響曲第9番』を使用している。この新たなルールとともに、もうひとつ改正されたのが、選手が名前をコールされた後、演技のスタート位置に付くまでの時間だ。

フィギュア 浅田、高橋は休養で特別強化選手外れる その間に育つ 選手は現れるか!?

フィギュア最高ランクの特別強化選手には、男子はソチ五輪金メダルの羽生結弦、世界選手権2位の町田樹に加え、小塚崇彦、無良崇人の4名が、女子は村上佳菜子と宮原知子が入り、休養する女子の浅田真央(中京大)、男子の高橋大輔(関大大学院)は特別強化選手から外れた。

町田樹 考え方、生き方を読書から学ぶ 一流を目指す町田の愛読書 は?

昨年の活躍で一気に知名度も上昇、『氷上の哲学者』ともいわれているフィギュアスケーターの町田樹選手。町田が本をよく読むこと、特に哲学書が愛読書であることは今では知られるところとなったが、実は小さいころは本ではなく、ゲームに夢中で、スケートの練習に行くときにも、スケート靴は忘れてもゲームは忘れないほどだったという。

フィギュア・羽生が目指す4回転5種類 その得点は?過去にとべた選手は?

羽生は、今後の目標として挙げたのが4回転ジャンプを5種類にまで増やすことだといいます。新たに挑戦する4回転ジャンプについて「初めてやるとか、そういう史上初とか大好きなんで」と話したそうで、今はトーループとサルコーをプログラムに入れているが、「たぶん5種類まではなんとかなるかな」とニコリと笑ったといいます。

女子フィギュア・浅田真央 演技にメダル以上の感激の声続々!

ソチ五輪フィギュアスケートの女子フリーが2014年2月20日(日本時間21日未明)に行われ、地元ロシアのアデリア・ソトニコワが金メダルを獲得しました。浅田真央選手(23)はメダルは逃したものの、先日のSP16位から6位まで巻き返し、フリーは自己ベストとなる142.71点で、合計点198.22点という結果でした。