世界選手権一覧

2015世界体操 日本 内村航平 団体 個人総合 種目別でも金!

30日、英国のグラスゴーで行われた第46回世界選手権の男子個人総合で、自身の史上最多記録を塗り替える6連覇を成し遂げた。 2012年ロンドン五輪を含めて7年連続で世界一に輝き、日本体操協会の内規により2連覇を目指す来夏のリオデジャネイロ五輪代表にも決まった。

世界選手権2015フィギュア 女子は宮原が銀、羽生連覇ならず銀

世界選手権は28日、男子フリーが行われ、SPで首位の羽生結弦は惜しくも大会連覇を逃し、銀メダルとなった。一方の女子は宮原知子が銀メダルに輝いた。昨年12月の全日本選手権で初優勝し、日本のエースとして出場した今大会、自己ベストを大幅に更新する合計193・60点で銀メダルを獲得した。

村上佳菜子 回転不足が響き5位に、壁を乗り越えて世界選手権へ!

全日本選手権で、村上佳菜子は、追い上げるも合計168.29点で5位に終わった。全体的には綺麗にまとまった演技を見せていたが、「なぜ?」と感じるぐらいに点数が伸びない。その原因は多くのジャンプで取られてしまった回転不足だった。村上は「狂ったように練習してきた」というだけに今大会には自信を持って臨んでいたはずだった。

男子フィギュア 世界選手権への代表選手発表 町田樹が突然の引退発表!

26日から開幕した全日本フィギュアの男女の試合が終わり、日本スケート連盟は28日、来年3月に中国で開催される15年世界選手権に挑む日本代表選手を発表した。 男子代表:羽生結弦、小塚崇彦、無良崇人。女子代表:宮原知子、本郷理華、村上佳菜子。選出された町田樹がリンク上で突然、引退を発表し、世界選手権の代表辞退を表明した。

体操世界選手権 内村航平 メダル数歴代単独トップへ!その練習法とは?

2014年、中国・南寧で開かれた体操世界選手権で個人総合で金メダルを獲得し、6種目合計91.965点で前人未到の5連覇を達成した内村航平選手。又、最終日は種目別決勝の鉄棒に出場、15.725点で銀メダルに輝き、このメダルの獲得により、総メダルが通算16個(金7、銀5、銅4)という新たな記録を打ち立てた。

世界フィギュア 浅田真央、五輪の悔しさ晴らし金メダル!

フィギュアスケートの世界選手権は29日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで最終日、女子フリーの演技が行われた。 ショートプログラム(SP)首位だった浅田真央が138.03点で合計216.69点とし、自身3度目の優勝を飾った。 同選手権3度目の優勝は日本人初となる。

世界フィギュア パトリック・チャン欠場で4連覇ならず、ソトニコワ、高橋大輔も欠場!

フィギュアスケートの世界選手権が今月26~29日にかけてさいたまスーパーアリーナで開催される。国際スケート連盟は5日に出場選手を発表したが、ソチ五輪のメダリストで出場するのは男子では金メダリストの羽生結弦、女子は銅メダルを獲得したカロリーナ・コストナーだけだという。