中外製薬一覧

【朗報】アトピーのかゆみ抑える効果、2年後の実用化を目指す

新聞などの報道によると、アトピー性皮膚炎のかゆみを抑制する治療薬候補「ネモリズマブ(CIM331)」を、京都大医学研究科の椛島教授や中外製薬などが開発し、中等症から重症のアトピー性皮膚炎患者264人を対象に使用したところ、有効性および忍容性が確認されたと発表しました。