残業一覧

残業「月100時間未満」で決着!これで長時間労働は減るのか?

残業時間上限規制を巡り、繁忙期に例外として認める残業を「月100時間未満」とするよう要請し合意。 ・残業時間は「月45時間、年間360時間以下」を原則 ・繁忙期であっても「月100時間未満」「2~6ヶ月の月平均がいずれも80時間以下」 ・月45時間を超えるのは年6回まで ・繁忙期を含めても「年720時間」を上回らない

1万人残業調査から見えるものは…やっぱり足りない

遅くまで、残業して、コンビニでお弁当を買ってから、家に帰って食事して、風呂に入って寝る。そして、朝になりまた出社…というような生活をしている人も結構いるのではないでしょうか?以前のように、終身雇用という考えは、大手以外はもうあまりないでしょうから、自分の時間を大切にし、有効に使って、将来を考えたいものです。