無良崇人一覧

2015フィギュア世界選手権 男子ショートは羽生首位!ライバル選手は?

フィギュアスケートの世界選手権、男子SPが行われ、2連覇のかかる羽生結弦が95.20点で首位にたった。このリンクは11月の大会で6分間練習中にハン・ヤンと衝突し、怪我を負った場所。その後も腹部の手術、右足首の捻挫と苦難続きで、昨年末の全日本選手権以来、その姿を見せることなく、今大会の出場となった。

フィギュア四大陸選手権 男子SP宇野2位 女子SP宮原首位スタート!

フィギュアスケート四大陸選手権が開幕した。男子は昨年の全日本選手権で2位に入った宇野昌磨が首位のデニス・テンに次いで、ショートを2位で折り返した。一方の女子は全日本選手権覇者、宮原知子(16)が自己ベストの64.84点で首位に立った。又、本郷理華は自己ベストの61.28点で3位、今大会最年少16歳の永井優香は7位。

全日本フィギュア 羽生ショート1位で折り返し!

26日に『第83回全日本フィギュアスケート選手権』が開幕し、男子ショートが行われた。毎年クリスマスシーズンに恒例となった大会だが、来年の世界選手権の代表選考も兼ねた大事な試合となる。 男子ショートの結果(上位) 1位 羽生結弦 94.36 2位 町田樹 90.16 3位 宇野昌磨 85.53 4位 村上大介 81.28

【続報】羽生・優勝!フリーでパーソナルベスト!

GPファイナル男女フリーが行われ、羽生がフリーでパーソナルベストを出して優勝した。ショートをトップで折り返した羽生は最終滑走者として登場。パーソナルベストとなる194.08点を出して、合計288.16点で優勝した。五輪金メダリストの翌シーズンのGPファイナル制覇は史上初となる。

GPファイナル 男子フィギュアSPの結果!羽生は今季世界最高得点!

スペインのバルセロナで行われているフィギュアスケートのグランプリファイナル第2日、男子ショートプログラムが行われ、連覇を狙う羽生結弦は、ショートプログラムの演技で今季世界最高得点となる94.08点をマークしてトップに立った。3季連続出場の町田樹が87.82点で2位につけ、初出場の無良崇人は78・35点で6位と出遅れた。

村上大介GP初優勝 町田、無良、羽生がGPファイナル進出へ!

フィギュアスケートGPシリーズNHK杯2日目、男女フリーの演技が行われた。無良や羽生を押さえて優勝したのは村上大介選手。村上選手は、幼少期に米国に渡って9歳からスケートを始め、06年の世界ジュニア選手権には米国代表で出場して11位という結果を残している。これまでのGPシリーズは10年スケートアメリカの5位が最高だった。

フィギュア全日本 男子金は羽生!高橋渾身の力を振り絞っての演技!

フィギュアスケートのソチ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権のソチ五輪の代表枠は男女各3ずつ。今日男子のフリーを終えて、表彰台に立ったのは、ショートを1位で終えた羽生結弦選手でした。最初の4回転サルコーで転倒するものの、後半で3回転アクセル-3回転トーループなど連続ジャンプも成功させ、優勝しました。

フィギュア全日本・男子ショート 羽生好発進!

表彰台を争う有力選手は、GPファイナルを制し、2季連続2度目の優勝を狙う羽生結弦に、けが明けの高橋大輔、GPファイナル3位の織田信成、GPシリーズ2大会で優勝し、ファイナルで同4位の町田樹、バンクーバー五輪代表の小塚崇彦、昨季世界選手権代表の無良崇人ら、いずれもメダルの可能性を秘めた選手ばかり。

全日本フィギュア男子シングル 拮抗する男子代表は誰が獲るか?

フィギュアスケートのソチ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権が21日から3日間、さいたまスーパーアリーナで開かれます。 ソチ五輪の代表枠は男女各3ずつ。上位選手は実力が拮抗しているだけに、いかにミスなく自分の力を発揮できるかが重要になってくると思われます。