町田樹一覧

男子フィギュア 世界選手権への代表選手発表 町田樹が突然の引退発表!

26日から開幕した全日本フィギュアの男女の試合が終わり、日本スケート連盟は28日、来年3月に中国で開催される15年世界選手権に挑む日本代表選手を発表した。 男子代表:羽生結弦、小塚崇彦、無良崇人。女子代表:宮原知子、本郷理華、村上佳菜子。選出された町田樹がリンク上で突然、引退を発表し、世界選手権の代表辞退を表明した。

【続報結果】フィギュア全日本 羽生結弦3連覇!

27日、フィギュア全日本男子フリープログラムが開催され、五輪王者で全日本選手権2連覇中の羽生結弦が優勝し、3連覇を果たした。 【男子の結果】 優勝 羽生結弦 286.86 銀  宇野昌磨 251.28 銅  小塚崇彦 245.68 2位以下に30点以上の差をつけて、圧倒的な優勝を果たしたのはやはり羽生だった。

全日本フィギュア 羽生ショート1位で折り返し!

26日に『第83回全日本フィギュアスケート選手権』が開幕し、男子ショートが行われた。毎年クリスマスシーズンに恒例となった大会だが、来年の世界選手権の代表選考も兼ねた大事な試合となる。 男子ショートの結果(上位) 1位 羽生結弦 94.36 2位 町田樹 90.16 3位 宇野昌磨 85.53 4位 村上大介 81.28

【続報】羽生・優勝!フリーでパーソナルベスト!

GPファイナル男女フリーが行われ、羽生がフリーでパーソナルベストを出して優勝した。ショートをトップで折り返した羽生は最終滑走者として登場。パーソナルベストとなる194.08点を出して、合計288.16点で優勝した。五輪金メダリストの翌シーズンのGPファイナル制覇は史上初となる。

GPファイナル 男子フィギュアSPの結果!羽生は今季世界最高得点!

スペインのバルセロナで行われているフィギュアスケートのグランプリファイナル第2日、男子ショートプログラムが行われ、連覇を狙う羽生結弦は、ショートプログラムの演技で今季世界最高得点となる94.08点をマークしてトップに立った。3季連続出場の町田樹が87.82点で2位につけ、初出場の無良崇人は78・35点で6位と出遅れた。

村上大介GP初優勝 町田、無良、羽生がGPファイナル進出へ!

フィギュアスケートGPシリーズNHK杯2日目、男女フリーの演技が行われた。無良や羽生を押さえて優勝したのは村上大介選手。村上選手は、幼少期に米国に渡って9歳からスケートを始め、06年の世界ジュニア選手権には米国代表で出場して11位という結果を残している。これまでのGPシリーズは10年スケートアメリカの5位が最高だった。

町田樹2位ファイナル進出へ!GPシリーズ第5戦フランス大会

GPシリーズ第5戦、フランス大会 結果は以下の通り。 【男子】 優勝 マキシム・コフトゥン(ロシア)2位 町田 樹(日本)3位 デニス・テン(カザフスタン)【女子】 優勝 エレーナ・ラジオノア(ロシア)2位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 3位 アシュリー・ワグナー(アメリカ)

町田樹 考え方、生き方を読書から学ぶ 一流を目指す町田の愛読書 は?

昨年の活躍で一気に知名度も上昇、『氷上の哲学者』ともいわれているフィギュアスケーターの町田樹選手。町田が本をよく読むこと、特に哲学書が愛読書であることは今では知られるところとなったが、実は小さいころは本ではなく、ゲームに夢中で、スケートの練習に行くときにも、スケート靴は忘れてもゲームは忘れないほどだったという。