GPシリーズ一覧

2015GPファイナル女子 優勝はロシアのメドベジェワ 宮原が2位と健闘!

スペインのバルセロナで行われたGPファイナル。 優勝したのは16歳、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)選手だった。 222.54点という高得点で今シーズンシニアに移行したばかりでいきなり表彰台の頂点に立った。ロシアは次々と若手選手が育っているが、このメドベージェワもその一人。

GPファイナル 女子ショートは浅田真央3位発進 課題はルッツ?宮原4位

グランプリ(GP)ファイナル第2日に行われた女子の試合は、女子シングルで史上最多となる5度目の優勝を目指す浅田真央が69.13点で3位で発進した。 冒頭のトリプルアクセルは見事に着氷させたが、2連続ジャンプの2つ目に回転不足の判定、最後のトリプルルッツにもミスが出た。

町田樹2位ファイナル進出へ!GPシリーズ第5戦フランス大会

GPシリーズ第5戦、フランス大会 結果は以下の通り。 【男子】 優勝 マキシム・コフトゥン(ロシア)2位 町田 樹(日本)3位 デニス・テン(カザフスタン)【女子】 優勝 エレーナ・ラジオノア(ロシア)2位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 3位 アシュリー・ワグナー(アメリカ)

GPシリーズって?2014ファイナルに選ばれる選手の基準は?

フィギュア好きな人ならよく知っていると思うが、このグランプリシリーズとは、国際スケート連盟(ISU)が承認するフィギュアスケートのシリーズ戦のことで、毎年この時期に行われている。参加出来るのは、前年度の成績などにより『出場資格を満たした選手』たちであり、誰でも参加できるわけではない。

GPシリーズ第4戦ロシア大会 本郷理華優勝! 小塚崇彦は6位!

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦となるロシア大会がモスクワで行われ、18歳の本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)がショートプログラム2位からフリーで逆転し、自己ベストを更新する合計178.00点で初優勝した。一方、小塚はショートでは3位につけていたものの、フリーの演技で2度転倒し7位と伸びず、6位という結果に終わった。

GPシリーズ中国大会 羽生練習中に正面衝突で流血し倒れこむも乗り 越えて2位!

GPシリーズ中国大会に出場しているフィギュアスケートの羽生結弦選手。アクシデントは6分間練習中に起こった。中国のエンカン選手と羽生選手が激しく衝突し、相手の右肩に顎が当たった羽生は、リンクに激しく倒れると観客から悲鳴やざわめきがあがった。

フィギュアスケートGPシリーズ初戦 町田2連覇達成!

フィギュアスケートのグランプリシリーズが日本時間10月25日、アメリカのシカゴで開幕した。 開幕戦は、昨年、町田が優勝したアメリカ大会。ショート93.39点、フリー175.70点、合計269.09点で2位に34.92点と大差をつけ、圧勝で連覇を達成した。(女子はロシアのエレーナ・ラジオノワ選手が優勝)