松居一代 不動産投資にプロデュース商品のロイヤリティ…資産は?アメリカ進出?

      2017/10/19

女優でタレントの松居一代(56)。
俳優の船越英一郎氏の妻ということでもよく知られるところだが、携帯電話を怒りにまかせて折ってしまったり、嫉妬で怒り狂って、船越の携帯電話を鍋で煮てしまうなど、多くのエピソードを持つ”恐妻ぶり”と、かなりの”綺麗好き”な事でも知られている。

 

 

その松居一代の保有資産について、2014年3月19日発売の”週刊文春”が、「資産10億円の家事アドバイザー松居一代が高級会員制ホテルで大顰蹙」の見出しで報じ、投資家の一面も持つ松居さんの豪遊ぶりを伝えている。

 

以前から、不動産関係の投資をしていることも知られていた松居さんだが、それが”億単位”であること、アベノミクス効果や東京五輪決定によって莫大な利益を得たと報じている。

 

昨年の儲けは”マンション五戸分”で、夫の船越英一郎さん(53)が3年前に購入したマンションが約2億円だったことから、資産は「十億円近いのでは」と算出しているのだが・・・

 

この報道に松居さんが4月2日のブログで反論。
記事には「正しいところもありましたが、間違っているところも多々」あるという。

 

松居さんは、文春のインタビューに、 「そちらには意地悪なことばかり書かれているので、お話ししません!」と一蹴されたとのこと、実際にはどうなのだろう。

 

資産が10億円と報道されたことに対して、 松居さんは「資産たった10億円だったら悲しすぎ」と語っているのだという。
つまり、資産はそんなものじゃないということなのだろう。

 

日刊スポーツによれば、”資産10億円”について、松居さんは次の様に話しているようだ。

 

「毎朝、4時には起きて 仕事をしている私ですよ。まったく遊ぶことも飲むこともなく、ひたすらお仕事をしている私です。それが、資産たった10億円だったら悲しすぎでしょう???」と否定し「記事にされるのであれば、もっと良く調べてくださいよ」と文春に忠告し、今後は正しい数字を書くよう求めている。

 

今日、放送の”ノンストップ!”(フジテレビ系)に電話出演していた松居さんに、司会の”バナナマン”設楽統さん(40)が、自身考案の掃除用具”マツイ棒”や圧力鍋などのロイヤリティーについて、「ぶっちゃけ、どのくらい稼いでいるんですかね?」と質問していた。

 

ストレートな質問に対し、松居さんは、 4月2日の”日刊スポーツ”では圧力鍋の累計販売数が約120万個、そのロイヤリティーだけでも10億円を超えるとされていたが、松居さんは「もっとありますね」と即答した。

 

“マツイ棒”については日本製紙クレシアとの共同開発のため、「(日本製紙には)本当によく作って頂きました!」と金額の明言を避けたものの、話しぶりからすると、報じられている10億円とはかなりずれがある印象だ。

 

確かに、一時期、彼女がプロデュースした調理器具や掃除用品の紹介でTVにもよく出演していたが、特に、お掃除グッズ”マツイ棒”が大当たりしてから、商品の宣伝以外ではバラエティ番組への出演が極端に減っていったといわれている。

 

軽いチタンハイブリット包丁 松居一代プロデュース ママズナイフ 包丁研ぎ器付

その後プロデュースした圧力鍋は120万個売れ、ロイヤリティーで得た金額が10億円以上。他にも洗剤など松居が手がけた商品のラインアップは20種類を超えるそうだ。

 

これらの商品は日本のテレビショッピング番組で松居自ら出演しており、綺麗好きな一面を行かして、お掃除の企画の番組にも出ていたことがあった。

 

昨今は投資家として、バラエティ番組やイベントのゲストに招かれることが多くなったという松居。
20代の頃から投資に熱心だったそうで、専門家も認める筋金入りの個人投資家だといい、その総資産は100億円に手が届くともいわれて、本人も完全な否定はしないというから、やはりいわれている金額と桁が一つ違うのかもしれない。

 

4月2日放送”情報ライブ ミヤネ屋”(日本テレビ系)で、松居は生電話でアメリカ進出への意気込みを語っている。

 

すでに1年ほど前からアメリカのあるフリーペーパーで、自らを”ジャパニーズマム(Japanese Mom)”と名乗り連載を開始。

 

近い将来アメリカのテレビショッピングで、「日本の技術力を世界に伝えたい」と成功を目論んでいるようだ。

 

このアメリカ進出で、気になるのは船越さんの動向。
松居さんが夢を打ち明けたところ、船越さんは、2時間ドラマの帝王らしく、「日本には犯人がたくさんいるから、僕は追いかけなきゃいけないでしょ!」と、答えたようで、船越さんと松居さんは、これから日米の別居生活に突入するというがが、松居さんは、「ちょっとスーパーマーケットに行くくらい」「時差も感じない」などと話しており、意に介していないようだという。

 

ノンストップの電話でも、自身のモットーである「たった一度の人生を精一杯生きていきたい!」と話していた松居さん。

 

精一杯生きること、悔いのない生き方をすることが、彼女の原動力なのだろう。

 

 - エンタメ・芸能 , , ,