アプリでネガティブな事をポジティブに考える!

      2017/10/19

あなたは何か嫌な事に突き当たるとどのように受け止めますか?
今日、その時だけの出来事として「今日はついてない」とか、たまたまの出来事として捕らえて、特別自分の運が悪いとまでは思わないかもしれません。

 

 

しかし、嫌なことが続いたり、今日一日が散々な日だったりすると、気分が落ち込んでしまったり、良い方向に考えられなくなってしまい、ついネガティブに考えてしまうこともあるかもしれませんね。

 

しかし、物事をネガティブではなく、ポジティブに考えることは脳の働きを良くするのだとか。
「人間の脳はポジティブな気分のときに最もよく働くようにできている」といいますので、出来るだけ前向きな心持ちでいたいものです。

 

しかし、なかなか切り替えが難しいという方にオススメなのがこちら。

 

iPhone5の使い方がわかる本 (100%ムックシリーズ)

ネガティブ思考をポジティブ思考に変換してくれる「ネガポ辞典」というiPhoneアプリなのですが、現在までに約28万ダウンロード(androidアプリを合わせて)を記録しているのだとか。

 

さらに2012年9月には書籍化し、『ネガポ辞典』として主婦の友社から出版され、11万部を超えるベストセラーになっているといいますから、それだけのニーズがあるということでしょう。

 

例えば「愛想が悪い」ならば「媚を売らない」「他人に流されない」など、ポジティブに変換することができるのだそうです。

 

2013年3月から「ネガポ変換」例を一般に広く募集し、優秀な作品を決める「“あなたのネガポ”大賞」を展開しており、先日一般観覧客50人を招き、東京・市ヶ谷のコミュニケーションプラザ「ドットDNP」で発表会が開催されたそうです。その大賞の作品を紹介すると・・・

 

【ネガティブ】「高血圧と判明」
【ポジティブ】「スイーツを減らし、この分お金がかからなくなった」「食後の散歩を始め、四季の変化を実感できるようになった」(伊藤晴夫さん 74歳 男性)

 

他にもこのアプリには「甲斐性がない」「女子力が低い」「パンダ目」「期待はずれ」「デリカシーがない」など、様々なネガポ変換が収録されているということなので、自分の思考を変えたい!という方は是非試してみてはいかがでしょうか?

 

 - 特集・雑学 , , , , ,