健康・ライフ

健康・ライフ

絵画を3D化で「触れるアート」へ…視覚障害者も名作を感じることができる!

障害者への対応が遅れていると言われる日本において、最近は寝たきりの障害があっても国会議員が誕生したりと、バリアフリー化が進みそうな感じもあります。 また、来年はパラリンピックもありますので、少しは日本も変わると思います。 そんな...
健康・ライフ

『たい焼きの開き』美味そうだ…廃棄処分を免れて新商品へ!

見た目は、大きなたい焼きせんべい?『たい焼きの開き』とのことですが、これはたい焼きの開きせんべいだ!見た目は、ちょっと好き嫌いがありそうです。しかし、ビデオを見てもらうとわかりますが、評判は良いようで、パリッとしていて、香ばしい感じです。久しぶりに、この『たい焼きの開き』本気で食べてみたいと思いました。
健康・ライフ

お台場・五輪会場…基準超の大腸菌、10/15パラトライアスロン予定!

東京都と東京五輪・パラリンピック組織委員会は、トライアスロンやオープンウォータースイミングなどの会場となるお台場海浜公園の水質について、調査日数の半数以上で国際競技団体の定める基準もクリアできずに、大腸菌などの項目で基準値をオーバーしてしまいました。
健康・ライフ

『O脚』矯正…自分で治すこっそり改善!

どんなにきれいな人でも、O脚だと目立ってしまうので、そのギャップが残念な人になってしまいます。その反対に、美脚の持ち主は、なんとなく好印象です。まあ、個人的な主観は入ってしまっていますが、多くの人もそうなのではないでしょうか?そもそも、自分自身がO脚なので、自分でこれはいけそうだと思った情報を集めてみました。
健康・ライフ

Muse細胞、点滴で治療出来る万能細胞!?「みんなもってる?」

再生医療の可能性に期待できそうなMuse細胞。傷ついた様々なタイプの細胞に分化可能で、そもそも人間が体内もっている細胞。多能性を備えながら腫瘍性が無いので再生医療への応用が期待されているわけですが、Muse細胞の持つ最大の利点は、誘導もせずそのまま血中に投与するだけで組織修復をもたらす。
健康・ライフ

ブロッコリーには虫がいっぱい?水も弾くしどう洗う?

ブロッコリーを水で洗っても、水を弾いてしまうし、なんだかよく洗えないので、ついさらっと流して、そのまま料理していましたが…なんでも、虫が結構いるという情報があり、正直驚いています。先ほどブロッコリーを適当に洗って、昨日残ったカレーにそのまま入れて、食べたばかりですからね。
健康・ライフ

高カカオチョコレート、実証テストで『脳の若返り』効果に期待!

高カカオチョコレートに大脳皮質の量を平均で1.1ポイント増やし、学習機能を高める(脳の若返り)可能性があることを確認しました。普通のチョコレートに比べ1.2倍~1.5倍ほど多いようです。つまり食べ過ぎには要注意ということですね。
健康・ライフ

TVで取り上げられた『小豆水』簡単ダイエット「続けられるの?」

飲むだけなら、まあ簡単ですが、果たして続けられるのでしょうか? コストや味って、意外と重要ですよね? もちろん費用対効果ですが… ちなみに、これを実際に作ると煮た小豆はどうしたらいいのでしょう。 まさか、甘く味付けをして、食べるのでしょうか?
健康・ライフ

やせ形の女子は側湾症になりやすい!予防法はあるの?

痛みを伴うことは稀な側彎症は、初期における発見は難しく肩やウェストの高さが左右で違うなどの外見上の問題がでるなど、ある程度成長してしまってから気がつく場合が多い。 また、彎曲がひどくなると、腰背部痛に加え胸の圧迫と変形による呼吸器障害...
健康・ライフ

中東呼吸症候群MERS 日本は大丈夫?

先日から韓国での感染者が報じられている中東呼吸器症候群(MERS〈マーズ〉)コロナウイルス。 今日(6月4日)の段階で感染者が5人増え、計35人になったと発表している。 増えた5人のうち2人は、最初の感染者から感染した人物を介し、さらに感染した「三次感染」。三次感染者は計5人になり、被害が広がっているという。
健康・ライフ

【ナゼ】他人のにぎったおにぎり 食べられない人急増中!

素手で握ったおにぎりが食べられない人は増加傾向にあり、小学生の4人に1人が他人が握ったおにぎりに抵抗を感じているという調査結果も出ているという。実際に今日のニュース番組では街頭インタビューを実施、100人中17人が食べられないと答えたが、では、飲み物の回し飲みは?と聞かれると、そのほとんどが「それは平気」と答えていた。
健康・ライフ

ストレスチェック義務化、職場環境改善で精神障害ならずにすむか?!

労働安全衛生法が改正され、従業員の心理的な負担を調べる「ストレスチェック」が、12月から義務化されるという。 このストレスチェック、従業員50人以上の事業所は12月から1年に1回以上、医師、保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査が義務づけられるというもの。
タイトルとURLをコピーしました