サッカー日本代表 ザック入れ替え示唆?大久保、佐藤寿人の招集?

      2017/10/19

日本代表がヨーロッパの強豪2連戦の予定される来月の遠征で、代表メンバーの入れ替えを行う可能性が出てきたとのこと。

 

 

日本サッカー協会の原委員長が「結果が出なければ新しい人が入ってきたりすると思う」と明言。

 

15日のベラルーシ戦後に、ザックと意見交換したとのこと。

 

今後は11月にオランダ戦が決定しており、まだ未定ではあるがベルギー戦も濃厚。

 

そこで、入れ替えることでプラスになる選手は、ザックいわく「能力が高く経験のある選手で、他の選手よりチームにフィットするのに時間がかからない」と話しており、代表候補リストに入っている絶好調の2人大久保嘉人(31)佐藤寿人(31)が現状打開のため選出される可能性があるとのこと。

 

そう、困ったときはベテランだ。

 

佐藤寿人 J1リーグ通算100ゴール達成記念DVD 「決定力! 」

しかし・・・・

 

ついこの間、柿谷をワントップに据えて、新しい陣形にしたばかりだ。

 

本田は柿谷が加わったことで、プレイするポジションを変えているとの情報がある。
たしかに以前より中央に位置することが多くなったような気がする。

 

つまり、柿谷を生かそうとして本田のプレイが変わってきていていることもある。

 

それに、この2試合は左サイドバックの長友が、縦に抜いてセンタリングを上げるシーンがほとんど無かったように思う。

 

無いのが悪いということではなく、戦術的にしないのならばいいけれども、長友に交代して入った酒井高徳は、縦に抜いてボールを上げていたし、常にチャンスをうかがっているように思えた。

 

試合をTVで見ているとボールのあるところしか映さないので、はっきりしないが、縦に抜かないのは長友の自身の問題か、それとも、同じ左の香川との連携の問題か?どうなのであろう・・・

 

まあ、今季の香川はマンチェスター・ユナイテッドで出場機会をほとんど失っているため、試合勘の問題がある。

 

長友は逆に好調で2得点を上げている。
それでシュートを打つために内側に切れ込んでくることも多くなるだろう。

 

このあたりの微妙な関係が、縦にぬいてセンタリングを上げる形を作れない、作らないようにしているのか?

 

もちろん、縦にぬくには相手のポジションや相性、ボールを貰うタイミングが関係しているので、一概には言えないし、縦に抜かないから点が取れないとも言い切れない。

 

このように考えるとトップの柿谷、トップ下の本田や左サイドの2人、香川、長友、この4人の関係やコンディションが問題と思われてならない。

 

それに、最近では時折いいプレイを見せていた岡崎も、強いチームと当たると、以前の泥臭さがやたらと目立つ。

 

さらには、ボランチの遠藤やセンターバックの吉田のコンディションもあるだろう。

 

さあ、ザックはFWの2人、大久保嘉人、佐藤寿人を代表に招集したら、どこで、どう使うのであろうか?

 

 - レジャー・スポーツ , , , ,