平子理沙 テレビ出演で雑誌と顔が違う!?と話題に…,

      2017/10/19

40代といえばそれなりに肌の衰えも出てくる年齢だが、そんな年齢をもろともせず、美魔女ぶりを発揮しているのがモデルの平子理沙(43)。

 

 

平子は30代後半の頃から、年齢より10歳以上若く見える容貌でガーリーなメイクやファッションを難なくこなし、アラフォー向け女性誌では引っ張りだこだ。
もう少し若い世代の雑誌にも憧れ的な存在として取り上げられる事もあるなど、40代とは思えない若々しさを見せている。

 

【Amazon.co.jp限定】 平子理沙 写真集 『 heaven 』 Amazon限定カバーVer.

実際、本人も過去には「年齢なんてただのナンバーにすぎない」と発言しており、実年齢などあまり関係ないといったスタンスも支持を受けている。

 

しかし、そんな彼女が昨年の11月、新作写真集のPRを兼ねた番組出演と、そして今月、平子の私生活に密着するという内容で放送された「バナナマンの決断は金曜日!」に出演した所、この番組で伝えたその私生活密着の内容よりも、その容姿の変貌ぶりが話題となってしまった。

 

「こんな顔じゃない」「シルク姉さんにしか見えない」「テレビに出ないほうがいい」「整形丸出し」などと、容姿についての指摘が目立っている。
11月の番組出演時も、そして今回も大きなポイントは「写真と動画のギャップ」にあるようだ。

 

ネット上の声によれば、こうした写真と動画のギャップから、ブログやインスタグラムの投稿写真に修正疑惑がささやかれおり、そんな平子がたまたまTV出演すると、多くの女性は違和感を感じるという。

 

平子の場合、コンサバ系ではなく甘く可愛い系のファッションを得意にしており、40代の女性がこのようなファッションをすると、一歩間違えればイタイ状況になりがちでもあるのだが、彼女は色白でシワのない美しい肌をしており、若々しく、ファッションとの違和感はあまり感じない。

 

しかし、テレビで見る平子は、無理やり肌のたるみを吊り上げたかのような皮膚のつっぱり感があからさまだったとの声が多数見られる。

 

そういった声に拍車をかけるように、近年はSNSやインスタなどで自撮り写真が簡単にアップできる事もあり、見ている側でも数ヶ月前と簡単に比較が出来ることもあってか、あまりにも印象が変わるとその違いはあっという間に話題にもなってしまうご時世でもある。

 

特に、雑誌では平子のアラフォーらしからぬ若々しさといったものが注目を集めている側面もあるからだろう。

 

実際にテレビで見たら、その若々しさは整形によるものだったということになれば、気になってしまう視聴者やファンがいるのは避けられないのかもしれない。

 

年齢を重ねることに伴う衰えは、万人にあることで、タレントだけ特別では無いだろう。しかし、タレントは衰えたら衰えたで今度は「劣化した」と話題にもなる存在だ。

 

何にしろ、話題にされるということは注目されているという明かしではあると割り切るしか無いのかもしれない。

 

 - エンタメ・芸能 , ,