社会・地域

黒い吉野家で、から牛というメニューが?「これ何、どうなの?」

一瞬ブラックバイトか何かとおもってしまう黒い吉野家という名称。実は、赤とオレンジがベースの店舗が吉野屋の店づくりですが、黒ベースの新型店舗ができているようなのです。 リニューアルした吉野家秋葉原店 ヨドバシカメラ マルチメディアAKIB...
その他

森下仁丹が『第4新卒採用』で50代を対象?「オッサンにもチャンス!」

森下仁丹は3月1日から、『第4新卒採用』を始め、前職のキャリアを問わない挑戦し続ける人材を幅広く募集するそうです。社会人としての経験を十分積んだ後も仕事に対する情熱を失わず、次のキャリアにチャレンジしようとする人材を、性別・年齢を問わず採用していくこととのこと。
健康・ライフ

高カカオチョコレート、実証テストで『脳の若返り』効果に期待!

高カカオチョコレートに大脳皮質の量を平均で1.1ポイント増やし、学習機能を高める(脳の若返り)可能性があることを確認しました。普通のチョコレートに比べ1.2倍~1.5倍ほど多いようです。つまり食べ過ぎには要注意ということですね。
健康・ライフ

意外と知らない自閉症って…「引きこもりみたいな人?」

実は何年か前に、自閉症スペクトラム障害などと呼ばれるようになってきています。この分野の障害は、アスペルガー症候群や、広汎性発達障害などで、それぞれにオーバーラップしてしまうことも多々あり、あなたは自閉症、あなたはアスペルガー症候群とはっきりと線引きできないケースも多く、「自閉症スペクトラム」という表現になっています。
社会・地域

圏央道がついに6つの高速道路をつなげる!渋滞緩和、ビジネスも!

圏央道の、境古河IC(茨城県猿島郡境町西泉田)~つくば中央IC(茨城県つくば市新井)区間が2月26日に開通しました。茨城県区間が全線開通したことで、東名高速から東関東道の6つの放射道路が接続しました。また、この区間ではわかりやすい道案内の実現に向けて、日本で初めて高速道路ナンバリング標識が設置されています。
健康・ライフ

TVで取り上げられた『小豆水』簡単ダイエット「続けられるの?」

飲むだけなら、まあ簡単ですが、果たして続けられるのでしょうか? コストや味って、意外と重要ですよね? もちろん費用対効果ですが… ちなみに、これを実際に作ると煮た小豆はどうしたらいいのでしょう。 まさか、甘く味付けをして、食べるのでしょうか?
健康・ライフ

やせ形の女子は側湾症になりやすい!予防法はあるの?

痛みを伴うことは稀な側彎症は、初期における発見は難しく肩やウェストの高さが左右で違うなどの外見上の問題がでるなど、ある程度成長してしまってから気がつく場合が多い。 また、彎曲がひどくなると、腰背部痛に加え胸の圧迫と変形による呼吸器障害...
特集・雑学

二・二六事件から今年で81年「とても昭和とは思えない…」

今年で81年になる二・二六事件は、1936年2月26日~2月29日にかけて、皇道派の影響を受けた陸軍青年将校ら1,483名の下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件で、この結果により、岡田内閣が総辞職し、後継の廣田内閣が思想犯保護観察法を成立させました。
レジャー・スポーツ

宇野昌磨 世界初4回転フリップ成功で男子フィギュアの争いは激化か!?

コーセー・チームチャレンジカップは新設されたフィギュアスケートの大陸別団体戦。4月頭から本格的に取り組んできたという4回転フリップ。 宇野は演技最初のジャンプでこの初挑戦の4回転フリップに挑み、成功させたが、実は試合直前の練習では全く成功していなかったという。
エンタメ・芸能

18日放送SMAP×SMAP 一部生放送でメンバー心境語る事に!

連日、解散報道が伝えられているSMAPについて、18日放送の午後の生情報番組「グッディ」は、今日〔18日〕放送のSMAP×SMAPを、急遽一部生放送にしてSMAP5人が心境を語る事になったと報じた。 フジテレビ広報からは以下のようなコメントが出された。
エンタメ・芸能

SMAP事実上の解散か!? Xデーは?分裂撃の引き金は?キムタクは?

ワイドショーやスポーツ紙が報じたSMAPの解散報道。かねてから解散に関する記事はネット上にもちらほら見られたが、それをみて現実的にSMAPが近いうちに解散すると受け止めたファンは、それほど多くはなかったのではないだろうか。なんの確信もないのだが、SMAPはこのまま解散などせずにずっと芸能界で活躍しつづける気がしていた。
レジャー・スポーツ

2015GPファイナル女子 優勝はロシアのメドベジェワ 宮原が2位と健闘!

スペインのバルセロナで行われたGPファイナル。 優勝したのは16歳、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)選手だった。 222.54点という高得点で今シーズンシニアに移行したばかりでいきなり表彰台の頂点に立った。ロシアは次々と若手選手が育っているが、このメドベージェワもその一人。
タイトルとURLをコピーしました